男子テニス、カタール・エクソンモービル・オープン、シングルス決勝。表彰式に臨むアンディ・マレー(右)とノバク・ジョコビッチ(2017年1月7日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニスの最新世界ランキングが6日に発表され、アンディ・マレー(Andy Murray、英国)とノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)が同時にトップ10から陥落した。

 現在30歳のマレーは、臀部(でんぶ)の故障で7月のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)を最後に実戦から遠ざかっており、今回は13ランクダウンの16位となった。同選手がトップ10から落ちるのは、2014年10月以降初めて。

 マレーは7日、英スコットランドのグラスゴー(Glasgow)でロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)とのエキシビションマッチを予定しており、その後オーストラリア・ブリスベン(Brisbane)で開催される全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)へ向けて準備を始めていくという。

 一方、肘のけがに苦しんでいるジョコビッチもウィンブルドン準々決勝を最後にツアーから離れており、2007年4月以降では自身最低となる12位で今シーズンを終えることになった。

 四大大会(グランドスラム)通算12勝を誇るジョコビッチは、来月にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開催されるエキシビション大会、ムバダラ・ワールド・テニス選手権(Mubadala World Tennis Championship)での復帰を予定している。

 また、先週行われたパリ・マスターズ(Rolex Paris Masters 2017)で優勝を飾ったジャック・ソック(Jack Sock、米国)が、前回から順位を13上げて9位に浮上している。

 最新のATPランキングは以下の通り。

1位:ラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)/1万645ポイント

2位:ロジャー・フェデラー/9005ポイント

3位:アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)/4410ポイント

4位:ドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)/3815ポイント

5位:マリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)/3805ポイント

6位:グリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)/3650ポイント

7位:スタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)/3150ポイント

8位:ダビド・ゴフィン(David Goffin、ベルギー)/2975ポイント

9位:ジャック・ソック/2765ポイント

10位:パブロ・カレーニョ・ブスタ(Pablo Carreno Busta、スペイン)/2615ポイント

11位:ファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro、アルゼンチン)/2595ポイント

12位:ノバク・ジョコビッチ/2585ポイント

13位:サム・クエリー(Sam Querrey、米国)/2535ポイント

14位:ケビン・アンダーソン(Kevin Anderson、南アフリカ)/2480ポイント

15位:ジョーウィルフライ・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga、フランス)/2320ポイント

16位:アンディ・マレー/2290ポイント

17位:ジョン・イズナー(John Isner、米国)/2265ポイント

18位:リュカ・プイユ(Lucas Pouille、フランス)/2235ポイント

19位:トマス・ベルディハ(Tomas Berdych、チェコ)/2095ポイント

20位:ロベルト・バウティスタ・アグト(Roberto Bautista Agut、スペイン)/2015ポイント

【翻訳編集】AFPBB News