米軍横田基地から韓国に出発するトランプ米大統領とメラニア夫人=7日午前10時1分、長島一浩撮影

写真拡大

 訪日の日程を終えたトランプ米大統領は7日午前に離日。

 同日午後、大統領専用機でアジア歴訪の2番目の訪問国となる韓国に到着した。同日、文在寅(ムンジェイン)大統領と大統領府で首脳会談を行い、8日には韓国国会で北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けた政権の方針について演説する予定。

 トランプ氏は7日朝、自身のツイッターで、「私の訪日と安倍(晋三)首相との友情は、我々の偉大な国に多くの利益をもたらしてくれるだろう」と書き込んだ。その上で「軍事とエネルギーで大規模な発注があるだろう」とも述べた。

 トランプ氏は同日午後0時30分過ぎに、ソウル南方の京畿道平沢(キョンギドピョンテク)にある在韓米軍烏山空軍基地に到着。康京和(カンギョンファ)外相らの出迎えを受けた。この後、近くの在韓米軍基地キャンプ・ハンフリーズを文氏と一緒に訪問。会談では、北朝鮮問題のほか、米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉についても協議する。

 8日の演説では、北朝鮮に対して「最大限の圧力をかける」とする政権の姿勢を打ち出し、各国に制裁強化などの対北朝鮮「包囲網」づくりへの協力を呼びかける考えだ。(峯村健司、ソウル=武田肇)