米空母3隻が近く西太平洋で演習へ、大統領のアジア歴訪に合わせ

写真拡大

[ワシントン 6日 ロイター] - 複数の米政府当局者によると、米軍の空母3隻は近日中に西太平洋で合同演習を実施する。トランプ米大統領のアジア歴訪に合わせ、核開発を進める北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。

当局者らは先に、合同演習は検討中だと述べていた。

演習には空母ニミッツ、ロナルド・レーガン、セオドア・ルーズベルトの3隻とその護衛艦などが参加予定。

米軍の空母3隻が西太平洋で合同演習を行うのは2007年以来となる。

当局者らは、合同演習の具体的な日時や場所は明らかにしなかった。

米太平洋艦隊は今後の任務に関するコメントを拒否した。

ロイターはトランプ大統領がアジア歴訪中に米軍の空母を訪れる計画を把握していない。