関連画像

写真拡大

早稲田大学は11月7日、午前9時から午後2時の間に爆破すると予告があったため、安全確認のために、一時的に構内立ち入り禁止とし、授業を休講するとした。7日午前7時40分ごろ、大学の緊急用の公式ブログで「学生、教職員の安全確保並びに構内の安全確認を行うため、本日11月7日(火)1限から3限(午後2時半まで)までの間を構内立入禁止とし、授業を休講とします」と告知した。

ブログによると、対象となるキャンパスは、早稲田キャンパス、戸山キャンパス、西早稲田キャンパス、喜久井町キャンパス、先端生命医科学センター(TWIns)、東伏見キャンパス、上石神井キャンパス(大学設置科目)、所沢キャンパス・所沢並木校舎・日本橋キャンパスという。4限以降については、安全が確認され次第、正午を目処に再び告知するという。弁護士ドットコムニュースの取材に対し、早稲田大学では「詳しいことはお答えできない」としている。【追記】早稲田大学は午後12時18分、緊急用の公式ブログを更新し、「構内の安全が確認されたため、4時限目からは通常どおり授業を実施します。14:15から入構可能です」と告知した。

(弁護士ドットコムニュース)