上から米空母ニミッツ(米海軍提供)、米空母セオドア・ルーズベルト(米海軍提供)、米空母ロナルド・レーガン

写真拡大

 【ワシントン=加納宏幸】米軍の原子力空母3隻が近く西太平洋で共同演習を実施することが6日分かった。

 ロイター通信が報じ、米政府当局者が確認した。共同演習の具体的な日程や場所については明らかになっていないが、即応態勢にあることを見せることで、核・ミサイルによる北朝鮮の挑発を牽制(けんせい)するとともに同盟国の日本や韓国を防衛する決意を示す狙いがあるとみられる。

 参加するのはニミッツ、ロナルド・レーガン、セオドア・ルーズベルトの3隻で、いずれも現在、神奈川県横須賀市を拠点とする海軍第7艦隊司令部が管轄する西太平洋に展開している。空母とともに行動している艦艇も参加する。

 ロイター通信によると、3つの空母打撃群がともに演習を行うのは2007年、グアム島近海での統合演習「バリアント・シールド」にニミッツなどが参加して以来だという。

 これに関連し、トランプ米大統領は6日、米議会に書簡を送り、北朝鮮に対するミサイル防衛能力を強化するため18会計年度(17年10月〜18年9月)の追加予算として40億ドル(約4550億円)の拠出を可能にするよう求めた。

 書簡は、伊豆半島沖などで衝突事故を起こしたイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」「ジョン・S・マケイン」の作戦即応性を回復するための改修費として7億ドルも要求。マケイン上院軍事委員長(共和)はトランプ氏の要求を歓迎する声明を発表した。