ネイマールを知る男・DF酒井宏樹「パリとブラジルではまったく違う」

写真拡大

「パリでやっている彼とブラジルでやっている彼はまったく違う」

 ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)を日本で最もよく知るDF酒井宏樹(マルセイユ)はサッカー王国のエースをこう分析している。「サッカーは本当に連係面が大事なので、そういうところを含めるとやはりブラジル代表のネイマールはさらにすごい選手だと思う」。世界最高額の選手を個人で止めることには難しさもあり、組織での守備が鍵になると語った。

「チームとしての守備が大事になってくると思うし、彼にボールが回ってくる前に、どれだけブラジル代表にプレッシャーを与えられるかが大事。リラックスした状態で彼にボールが回ってきたら止めるのは難しいです。追い込まれた状態でボールを受けるような形を作れれば、あとは止めれるように全力を尽くすだけなので」

 酒井は10月22日、マルセイユ対パリ・サンジェルマンのダービーマッチでネイマールと対戦。酒井はサイドから中央に流れるネイマールに1点は許したものの、試合終了間際までリードを保ったチームの右サイドを支えた。一対一の間合いを掴んだのでは、と問われると「時間帯とかボールをもらう位置によって間合いも変わってくる」とコメント。「ボールホルダーに対してもしっかりプレッシャーに行かないと、僕もプレスに行けない。チーム全体としての守備にフォーカスしないと、止められるような選手ではない」と重ねて組織的守備の重要さを強調をした。

 ネイマールは前節、負傷の影響でベンチを外れており、日本戦も欠場する可能性がある。それでも酒井は「ディフェンダーからすればいろいろなタイプとできるのは素晴らしい経験」とポジティブに捉える。ネイマール以外にも強力な攻撃陣を揃えるブラジル。酒井は「今持っている100パーセントをぶつけていきたい」と意気込んだ。