6日、米華字メディアの多維新聞は、トランプ米大統領に先立って初来日した長女のイバンカ大統領補佐官が日本で冷遇されたと米国メディアが伝えているとする記事を掲載した。

写真拡大

2017年11月6日、米華字メディアの多維新聞によると、トランプ米大統領に先立って初来日した長女のイバンカ大統領補佐官が日本で冷遇されたと米国メディアが伝えているという。

記事によると、アフリカ系米国人向けのニュースサイト「ザ・グリオ」は5日、「アジアへ旅立ったファーストファミリーはおそらく温かい歓迎を期待していた。だがイバンカ・トランプ氏が東京で女性へのセクシュアルハラスメントと女性のエンパワーメントに関する意見を述べた時、彼女を出迎えたのは半分が空席の会場だった」などと伝えたという。

ザ・グリオはまた、「トランプ大統領の娘はファッションの販売と彼女自身のモデリングで日本ではよく知られている」とした上で、「驚くことではないが、彼女は国際女性会議での短いスピーチの中で、父親の名前に言及しなかった代わりに、女性の経済的役割を促進する彼女の父の政権の仕事に焦点を当てた」とも伝えているという。(翻訳・編集/柳川)