ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

生涯契約を結ぶ「ウィルソン」、お金じゃない両者の“なれそめ”とは?

 今年の男子テニスで全豪オープン、ウィンブルドンを制覇したロジャー・フェデラー(スイス)は完全復活を印象づけた1年となった。Nittoツアーファイナルズで充実のシーズンを締めくくる戦いに臨むが、王者の愛用するラケットとして有名なのは「ウィルソン」だ。両者は莫大な額で“終身契約”を結んでいることは知られる話だが、英紙「エクスプレス」がその理由を報じている。

 フェデラーのオールラウンドプレーを可能にする“相棒”のウィルソン。同社は06年に生涯契約のスポンサーシップを結んだことが当時話題となった。

 フェデラーが現役引退した後も会社のアンバサダーとして活動していくといったもので、その正式額は明かされていない。ただ、昨年フェデラーが手にしたスポンサー収入が約5000万ドル(約60億円)だったことを踏まえれば、ウィルソンもしかるべき額を払っているとみるのが自然だ。

 とはいえ、王者は金額面でウィルソンのラケットを選んでいるわけではないようだ。同紙は両者の“なれそめ”を紹介している。

「絶対、変えることはないと思った」…影響を与えた「私にとってのヒーロー」とは?

「まず見た目が良かったから選んだんだと思うんだ。確か覚えているのはスポーツショップに行った時、『このラケット、カッコいいね』と言って、私がこのラケットでプレーしたくなったんだよ」

 第一にラケットのデザインに魅了されたというフェデラー。さらにもう一つ、理由があるという。

「それに加え、私にとってのヒーローはステファン・エドバーグで、彼もまたウィルソンを使っていたんだ。それが自分自身、このブランドを使うという決断に役立ったし、今後、絶対変えることはないと思ったんだ」

 1980年代から90年代初頭に大活躍し、自身のコーチも務めたこともあるステファン・エドバーグ(スウェーデン)との縁も紹介した。

「ウィルソンが私にくれたラケットは、全てを勝ち取らせてくれた。だから、感謝の念は尽きないよ」とも話したフェデラー。使い慣れたラケットを手に、充実の1年を締めるツアーファイナルズに挑む。