朴城ヒョン(KEBハナ銀行チャンピオンシップ提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】米女子プロゴルフ協会(LPGA)が6日発表した最新の世界ランキングで、韓国のスーパールーキー、朴城ヒョン(パク・ソンヒョン、24)が米女子ツアー新人として初めて1位となる快挙を成し遂げた。

 朴城ヒョンは先週のランキングでは1位の柳簫然(ユ・ソヨン、韓国)に次いで0.15ポイント差で2位だったが、今週のランキングでは0.02ポイント差でリードした。

 先週日本で開かれたTOTOジャパンクラシックに朴城ヒョンは出場しなかったが、この大会に出場した柳簫然が33位タイに終わったことで逆転に成功した。

 今季の米女子ツアー新人賞の受賞が確定した朴城ヒョンは、同ツアーで新人として初めて世界ランキング首位に立ち、歴史を塗り替えた。

 過去には申智恵(シン・ジエ、韓国)とリディア・コ(ニュージーランド)が米ツアーのデビュー2年目に世界ランキング1位を記録している。

 韓国選手が世界ランキング1位になるのは、申智恵、朴仁妃(パク・インビ)、柳簫然に続いて通算4人目。