【50人の本音】たばこ感はiQOS、吸いやすいのはPloom TECH、乗り換えなら…?

写真拡大 (全9枚)

昨今ますます盛り上がりを見せる加熱式たばこですが、紙たばこユーザーの皆さん、もう乗り換え先は決めましたか? 買う前に味や香りを試してみたい、一番たばこに近いのはどれだろう? と誰もが悩むはず。そんなあなたに変わって一般の人50人に大調査を敢行しました!


吸わない人に好評な
加熱式たばこはどれ?


コンビニのレジ前の特設や、駅や電車広告などを目にするにつけ、そろそろ加熱式たばこに切り替えようかな……そう思っている人は多いのではないでしょうか。

ただし、少し前までiQOSの独壇場だったのが、gloも全国展開を開始したりと選択肢が広がってきて、どれにしようかと悩ましいですよね。

一式買ってしまう前に、テイスティングできればいいのに……そんな多くの声に応えるべく、一般の紙たばこユーザー50人に3モデルの「吸い心地」アンケートを実施しました! さて、50人が選んだのは?

[テスト方法]
喫茶店などで2日間にわたり、ふつうの紙たばこユーザーへ「iQOS」「Ploom TECH」「glo」の吸い心地テストを行いました。

[チェック項目]
たばこ感

香り


通常のたばこを吸っている人にはレギュラータイプを、メンソール派の人にはメンソールをそれぞれ試してもらい、ほしいと思う製品がどれかチェックしてもらいました。


“たばこ感”では
iQOSがリード!


加熱式たばこの煙を肺に入れた時の感覚と、煙の量を検証。吸い心地が紙たばこに近いものはどれなのかを細かく聞いてみたところ、「たばこを吸った気になる」との意見が多数だったのは、iQOSでした!



フィリップ・モリスジャパン
iQOS 2.4 Plus
定価:1万980円(キャンペーン価格:7980円)



「たばこが感ある」と感じた割合
iQOS:50%
glo:34%
PloomTECH:20%


「紙たばこに比べて遜色ない」「コレが一番たばこっぽい」「いつものたばこに近い感覚がある」と絶賛する声もあり、違和感なく吸えると感じた人が多かったようです。

加熱式たばこを世に広めた製品だけあって知名度も高く、すでに体験済みという人が最も多かったのもこちらです。


味に不満がなかったのは
Ploom TECHでした



JT
Ploom TECH
定価:4000円

たばことしての「美味しさ」を比較しましたが、普段吸っているたばこがそれぞれ違うため、「美味しい」というよりは、「別物だけどあり」という意見が多く集まりました。



「美味しくない」と感じた割合
Ploom TECH:28%
iQOS:40%
glo:42%


「美味しくない」と感じた人が最も少なかったのは、Ploom TECH。つまり、味は一番良いという評価です。「たばこらしさは感じないけれど味は悪くない」といった意見も見られ、たばことは別のうまさを発見したという印象です。

iQOSとgloに関しても「いつも吸っているたばこより吸いやすい」という意見があり、普段吸っているたばこにより、感想がわかれたようです。


“香り”もPloom TECHが
もっとも良い数値に


「香りが苦手」と感じた割合
glo:46%
iQOS:32%
Ploom TECH:14%


加熱式たばこは紙たばことは異なった独特の香りがあります。はじめての加熱式たばこという人が多かったので、iQOSとgloの香りは違和感があると答えた人が多かったのが特徴的でした。

それに対してPloom TECHは「香りがよく吸いやすい」「ニオイが気にならない」という意見もあり、人前でも気軽に吸えるとの評価を得ました。周囲の人へのことを考えても、違和感の少ないPloom TECHは概ね好評でした。


[参考]Q.試した3製品で
欲しいと思ったのは?


最後に、テストしていただいた皆様に「欲しいと思った製品は?」と尋ねてみたところ、ダントツでPloom TECH。約半数の人が欲しいと答えました。



「Ploom TECHが欲しい」と言った人の意見
・ニオイが一番気になりませんでした(20代女性)
・ケント派だけどこっちのがおいしい(50代男性)
・吸ってて本体が熱くならないのがいい(40代男性)

Ploom TECHは、たばこを吸ったという感じはやや弱めですが、味と香りの良さには回答者の多くが驚いていました。

本体が細くて軽いので、扱いやすいといった点もポイントだったのですが、なんといっても香りが気にならないという点で、周囲への配慮からこちらの製品を選んだ人が多かったようです。「どうやったら買えるの?」という質問が一番多かったのもPloom TECHでした。

吸わない人への受動喫煙などが問題にもなる今の時代、自分の満足感とともに周りへの気遣いも考える人が多いと実感。非喫煙者への配慮がPloom TECH購入の動機になるのではと感じました。

「iQOSが欲しいと」言った人の意見
・これなら紙たばこの代わりとして吸えそう!(30代女性)
・一番吸いやすいと感じました(20代男性)
・味だけでなくデザインもいいですね(30代女性)

iQOSは知っている人が多く、人にもらって吸ったことがあるという人もチラホラ。あらためて吸ってもらうと、たばことしての完成度の高さに感動する人が続出でした。

「gloが欲しい」と言った人の意見
・本体は重いけど一番たばこっぽい味(20代女性)
・たばことしてのバランスが良かった(30代男性)

一番好みが分かれたのはこちらの製品です。独特のビジュアルのインパクトが大きく、多くの人が興味津々。味に対しての評価は、否定派がいる一方で絶賛する人も少なくありませんでした。

「なし」と言った人の意見
・今の銘柄が気に入っているので、ほかは考えられません(20代男性)

予想はしていたものの、やはり「加熱式たばこは無理」という人もあり、中には熱く「紙たばこ主義」を語る人もいました。数十年同じたばこを吸っている人には、加熱式たばこの香りや使い勝手は違和感があったようです。

※複数回答があるため、全回答数=56を母数にグラフを作成しています。


[番外編]こんな意見も
ありました



メンソール派にはgloの強力なメンソールへの評価が高まりました。強めのメンソールは「いつものたばこよりもスッキリする」とハマる人も。



本体に口を直接つけて吸うPloom TECHは、女性から「口紅がついちゃいそうで抵抗がある」という指摘もありましたが、それに関しては別売りのマウスピースがあるので、そちらを装着することで解決できます。

また、Ploom TECHはほかの2種類とは違って加熱の待ち時間がなく、好きなタイミングで連続して吸えるので、「かえって吸いすぎてしまいそう」という声もありました。

吸い心地の軽さも拍車をかけそうです。



iQOSはアクセサリーが充実しており、自分好みのグッズを揃えることができます。

アイコス関連グッズもたくさん出ているので、ファッションのように楽しめるのは、さながらスマホ市場のよう。「所有欲を満たすのはiQOS」との意見もあったほどです。

今回大調査した加熱式たばこの吸い心地テスト。「たばこっぽさ」で選ぶならアイコス、周囲からの白い目から開放され新たな味を楽しむなら「プルームテック」という集計結果でした。あなたならどちらを選びますか?