脚本家 田渕久美子さん●島根県生まれ。脚本家・作家。NHKの大河ドラマ「篤姫」「江」、連続テレビ小説「さくら」(橋田賞受賞)など話題作を多数執筆。前向きに生きる女性の姿を豊かな表現で描き、深い共感を得ている。

写真拡大

「男は替えていい。なぜなら人は成長する生き物だから」。NHK大河ドラマ「篤姫」「江」、連続テレビ小説「さくら」(橋田賞受賞)など、数多くの話題作を執筆してきた脚本家の田渕久美子さんはそう話します。「プレジデント ウーマン12月号」の特集「しない習慣」から、特別インタビューをお届けします――。

■子どもの頃から生きるのが辛かった

脚本家とは、人間研究が仕事でもあります。主人公が苦境へ追い込まれるほど、視聴者はワクワクするし、恋愛や結婚生活に悩んでいれば、どう解決するかも考えなければならない。そのためには人間を観察し、人の心を深く掘り尽くす。すべての登場人物になりきり、複雑な人間関係を俯瞰しながら描いていくのが仕事です。

私も子どもの頃から生きるのが辛く、どうすれば悩みに対する答えを見つけられるのか考え続けてきました。脚本家の仕事は自分の心を見つめ、生きるということを深く考える道でもあったのです。

これまで歩んできた人生も平坦ではなく、女の生き方をたえず問われてきたように思います。最初の結婚では、「この人の子どもを産む」と直感した相手との間に、1男1女を授かりました。

しかし、父母としてだけでなく、男女としての関係にもこだわった私は、彼を人生を通してのパートナーと思えず、娘が2歳の時に離婚。私から言い出したので養育費ももらいませんでした。

ひとりでの子育ては大変でしたが、子どもたちとの生活は満ち足りていたので、もし男性とのつき合いがあったとしても、2度目の結婚をするとは思いませんでした。あるとき、そんな私の前に現れた相手は「君と子どもたちを助けさせてくれないか」と言い、私も彼に会った瞬間に強く魅かれて再婚。知的で優しさにあふれた人でした。大河ドラマ「篤姫」を書いている最中でしたが、あの穏やかで幸せな日々は作品に反映されたと思います。

ところが、彼はがんを患い、わずか2年半の結婚生活で帰らぬ人に。夫を亡くした喪失感の中、息子と娘の留学が重なり、寂しさからうつにもなりました。

人生で最も苦しい時期でしたが、どこかで自分を観察している自分もいました。人はいかに苦しみを乗り越えるものかと。私は「覚悟」という言葉が好きで、「篤姫」でも主人公が苦境に陥る場面で覚悟を決める。覚悟するたびに人間の器が大きくなり、人にも優しくなっていくんですね。

■思いをくむ女とそれに気づかない男

その後、苦難を抱えながらも、それを楽しんで生きられる極意のようなものを得たと感じ、悩みを抱える女性たちにも、より良く生きるためのコツを伝えたいと立ち上げたのが「女塾」。そこでは自分との向き合い方を学びます。

たいがいの女性は相手を主体に考えがちですが、自分の人生の主人は自分であり、そこを間違えると男性との関係もうまくいかなくなります。女性は共感力が高く、男性の思いをくんで一生懸命やってしまう。でも、男性はそこまで気づかない。結果すれ違うんですね。男性と女性は別の生き物。

でも、私は男性ほど女性の幸せを願ってくれる存在はいないと思います。私の場合、よく驚かれるのですが、離婚した夫と再婚した夫はとても仲良くつき合い、子どもたちの成長のため、話し合ったりもしていました。夫が亡くなった時の葬儀を仕切ってくれたのもかつての夫でした。

彼には現在パートナーがいますが、今なお、私の幸せを願ってくれているのがわかります。

男は替えていい。なぜなら人は成長する生き物だから。いつか互いが合わないと感じることがあるのは当然です。でも、だからこそ、別れ方を大切にしてほしい。一度は一緒にいたいと思った人ならばこそ、その人の幸せを願える度量を持ってほしいのです。私はかつてつき合った男性すべてといつでも連絡が取れますし、その人たちの幸せを願い続けています。彼らもそうだと思います。そうした別れ方ができるなら、あなたは何を選択してもよいのだと思います。あなたの人生はあなたが主人。あなた自身のものなのですから。

雑誌「プレジデント ウーマン12月号」の特集「しない習慣」では、田渕さんのほか、男に頼らない、産まない、安定にしがみつかないという決断で、自分主体の生き方を手に入れた女性10人のインタビューを掲載しています。ぜひご覧ください。

----------

▼もっと知りたい人は……
『女塾』主婦と生活社
「自分自身と出会い、深く知り、無条件に愛する」――その重要性とノウハウを、塾長である田渕久美子さんが直接伝えるセミナーや講演を開催している。
 

----------

(脚本家 田渕 久美子)