「しょうりゅう」の命名・進水式

写真拡大

 川崎重工業は6日、防衛省向けの潜水艦「しょうりゅう」の命名・進水式を神戸工場(神戸市中央区)で開いた。防衛省の福田達夫防衛大臣政務官や、川重の金花芳則社長ら約360人が出席した。建造費は約520億円で、同社建造の潜水艦としては戦後28隻目。今後艤装(ぎそう)工事を施し2019年3月に、防衛省に引き渡す。

 同艦はそうりゅう型の10番艦。基準排水量は2950トン、全長は84メートル、速力は20ノット。船体には高張力鋼(ハイテン)と呼ばれる特殊鋼を使用。主動力としてディーゼル機関2基、スターリング機関4基を搭載し、潜航性能を向上した。また、高性能ソナーを装備することで捜索能力などを高めた。