日本代表のGK川島永嗣【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は現地時間6日、ブラジル代表との国際親善試合に向けてフランスで練習を行った。

 ブラジル戦に向けてGK川島永嗣は「自分たちの立ち位置ってのを知るためにもホントに大切な試合になると思いますけど、ただ実際にワールドカップの中でこういう強い相手が自分たちのグループに入ってきた時にどういう戦いができるのかって時にホントに現実的に自分たちが考えたゲームプランを進めていかなければいけないのかなっていうふうには思います」と語っている。

 ネイマールに関しては「やはり個の能力は高い」と実力を認めつつ「ホントにアタッカーだけじゃなくて守備の選手も攻撃、さらにはゴール前まで関われる選手ってのもいますし、そういう意味では1人止めればOKというチームではない」と、ブラジル代表全体の強さについても言及した。

 日本代表としては「1対1のところでホントに負けない気持ち」が大切であると語っている。続けて「自分たちが受け身になったら絶対やられると思う。例えば自分たちがブロックを作っても、その中で局面局面でしっかり相手にやらせないように寄せていけるかどうか。1人がいってカバーできるかどうかっていうのもホント繰り返しだと思うので、その質っていうのはこの2試合(ブラジル戦とベルギー戦)で必ず問われると思う」とコメントした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部