杉本健勇【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は現地時間6日、ブラジル代表との国際親善試合に向けてフランスで練習を行った。

 杉本健勇はルヴァンカップ決勝でゴールを奪い、クラブの初タイトル獲得に大きく貢献した。「勝って来るのと負けて来るのとでは気持ち的な部分で違うと思う」と、いい精神状態でフランス入りを果たすことができた。それでも「もう過ぎたことなので切り替えている。今はもう、しっかり代表で何をすべきかというか、そういう準備をしている」と話した。

 今シリーズは強豪との2連戦で、まずはブラジルと対戦する。「チームとしても個人としても逃げ腰になるんじゃなくて、最初からどんどんチャレンジしていく、そういう試合にしないといけないと思う。どんどんチャレンジしたい」と意気込みを口にした。

 日本代表にも継続して選出される中「多少、慣れであったり、そういうのはある」と杉本。だが、「本当に毎日というか、1回の練習で生き残っていくために必死なので余裕なんて今はないですし、必死にやりたい」と述べた。

 ブラジル、ベルギーから得点を奪えればこれ以上ないアピールとなるが、杉本は「相手がどこであろうと、ゴールのイメージっていうのはいつも持っている」と言う。「数多くチャンスを作れればいいですけど、そんなに来ないと思うので、ワンチャンスをモノにするというか、チャンスが来た時にしっかり決めきる」と語った。

 J1で得点を積み重ね、結果を出し続けることで道を切り開いた。今シリーズでネットを揺らすことができれば、ロシアW杯への道もより鮮明に見えてくるはずだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部