24K純金製のハンドスピナー爆誕!お値段なんと400万円!

写真拡大 (全3枚)

猫も杓子もグルグル回してしまうほどに、世界中で大流行中のハンドスピナー。形が面白いものや、サイズが大きいものなど、いろいろと変わり種も産まれてきましたが、今回ご紹介するハンドスピナーは、なんと価格が400万円! それもそのはず、純金製のハンドスピナーでなのです!

企画製造・イベントプロモーションなどを行う企業ジムノペティ社によるハンドスピナーブランド「SPIN MANIA」から、純金製の世界で最も高価なハンドスピナー「Spin GOD」の販売を開始しました。参考価格は500グラムで 400万円(税別)。注文は、300グラムからOKだそうです。

いまや日本中の誰もが知るおもちゃ「ハンドスピナー」。ですが、お祭りの景品やゲームセンターのUFOキャッチャーなど、安価で粗悪なものも多くありますね。

そこで! ジムノペティ社ではハンドスピナーブランド・SPIN MANIAを立ち上げ、良質なモノをより良い状態で味わってほしいという思いから、日本のモノづくりを牽引してきた町工場と協力、出来の良いハンドスピナー国内生産を実現したとのことです。そして、SPIN MANIAが第1弾として販売開始したのは、持ち手の部分以外はすべて純金24Kでできた「Spin GOD」なのです! 粗悪品を嫌い “良い品” を作りたいという思いから、行き着いた先は純金製の400万円! 考え方が、いい意味でムチャすぎ!

インゴット(金の延べ棒)の造形をしているため、手に取るまでハンドスピナーだとはわからないような仕上がりです。日本製のベアリングと持ち手を、国内で寸分の狂いのないよう設計し精巧に組み立てられております。回転時間は5分超。

「金」という素材のもつ重厚感と、非常に滑らかな回転は、他のハンドスピナーとは一線を画す大きな快感を演出します! また、「Spin GOD」の収益のうち3%は重症筋無力症の支援団体に寄付するとのこと。金を回して社会貢献、これはいいですね。

シャレの分かるちょっと余裕のある方、ぜひひとつ回してみてください!

>> SPIN MANIA「Spin GOD」

 

(文/&GP編集部)