念願だった初海外で日本人捜しに挑んだ高橋みなみ/(C)ABC

写真拡大

11月7日(火)夜7時から放送される「世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)。かねてより日本人探しの旅を熱望していた番組レギュラーの高橋みなみが、初めて旅人となって極寒の地アラスカへ渡ることが分かった。

【写真を見る】街で聞き込みをしながら情報収集するも、現地の人々でさえ目的地の地名が分からない!?/(C)ABC

■ たかみながAKB48卒業後初の海外ロケで極寒の地へ

2016年4月から番組レギュラーを務めている高橋は、「日本人捜しの旅に出たい!」と話していたが、AKB48卒業以来、海外ロケに出るのは今回が初めて。というのも、毎週月曜から木曜まではラジオの冠番組(TOKYO FM『高橋みなみの「これから、何する?」』)に生出演しているため、日本人探しの旅は断念せざるを得なかったのだ。ところが今回、千原せいじ、森山良子、須賀健太ら番組レギュラーメンバーが日替わりでラジオ番組の代役を務めることとなり、高橋の念願がかなった形となった。

高橋が日本人捜しの旅を行う舞台は、極寒の地アラスカ。同州最大の都市アンカレジから北へアンデス山脈を越え、アンダーソンのクリアという集落を目指す。しかし、ロケが行われた10月はアラスカ観光のオフシーズンで、電車やバス、ホテルはどこも休業状態。行く先々で移動手段が断たれるという厳しい旅を強いられながら、現地の人でさえ行かない辺境を目指す。そんな中、高橋が「頭が真っ白になってしまった……」と語るほど受けた衝撃とは?

■ 世界各地でドラマティックな人生を送る日本人が続々登場!

そのほかの旅人も日本人と出会うために世界各地へ。バヌアツ共和国へ山田邦子は、 “マグマが噴き出す島”にある先住民族の村で、唯一の日本人の自由すぎる生活を目の当たりにする。

星野真里は南米・ブラジルを訪れ、“ブラジルで一番美しく一番危険な道”と呼ばれるリオラストロ峠を越えて、大富豪の日本人に会いに行く。日本人が語る、成功の陰にあった母の教えとは?

また、アフリカ・モロッコ旅の後編では、千原せいじがサハラ砂漠の町に暮らす日本人女性を捜す。そこで出会った年下のモロッコ人男性とともにゲストハウスのオープンに向けて奮闘する59歳の女性には、せいじでさえあぜんとするようなある事実が判明する。

■ 高橋みなみ「普段の自分とは違う自分に出会えた」

――今回、初めて日本人捜しの旅となりましたが、せいじさんから旅のアドバイスはありましたか?

せいじさんが出演してくださった月曜にアラスカへ出発したんですが、空港へ行く途中、そのラジオを聞いていたんです。そしたら「たかみなが今日本人捜しに行ってるからな!」とおっしゃっていて。それで、たかみなからの質問として”旅のアドバイス”をお願いしたんです。そうしたら「無理せんこと! たかみなはしっかり仕事しようとするやろうけど、海外には海外の文化があるんやから、その人たちに合わせて、わがままを言うたらエエねん」って。それを聞いてすごく楽になれたんです。その言葉を胸に旅立ちました。

――今回の旅ではご自身でどれくらい成長されたと感じていますか?

普段の自分とは違う自分に出会えたなって思っているんです。私、実は人見知りなんですよね。でも、日本人捜しの旅って、現地の方々とコミュニケーションを取って、お話を聞かないことには始まらないし、旅も進まないので、積極的で社交的な自分がいました。英語をもっと喋れたら楽しいのに!とかもずっと思っていました。

――そんなさまざまな苦労を重ねた末に、日本人と出会ったときの瞬間はどんなお気持ちでしたか?

自分が出会ったらきっと泣いちゃうだろうなと想像していたんです。でも、(日本人のキャラクターの濃さに)衝撃が大きすぎて感動が吹っとんでいってしまいました…。私、カメラの前で固まってしまうことってめったにないんですが、本気で固まってましたから(笑)

――今後、日本人捜しをしてみたい国は?

エジプトに行ってみたいんです! 遺跡や絵画がとても好きで興味もあるので、歴史的なことを研究している人がいたら会って話を聞いてみたいですね。ローマのような情緒のある歴史的な街並みにも触れてみたいです。

――では最後に、この番組の魅力を教えてください。

海外への旅になかなか行けない方も、旅の疑似体験ができて、海外の情勢が知れて、現地の方々のお話が聞ける。旅の面白さに加えて、普段見ることのできない景色だけでなくて、いろんな情報が詰まっている番組だなって思うんです。海外には本当にさまざまな文化や環境があるんだなっていうことを、たくさん学ばせていただいています。 

一方で、旅先で出会った日本人の方の暮らしや生き方に触れることで、逆に日本を知ることもあって。例えば、日本で暮らしていて「ここって自分の居場所じゃないかも」って思っている方がいるかもしれない。物足りなさを感じている方がいるかもしれない。でも、初めて訪れた国の空港に降り立って「ここが故郷だ」って直感する方もいらっしゃるんですよね。 

日本でダメだからダメなのではなく、海外に自分のスタイルに合う国があればそこへ行けばいいんだ!って思わせてくれることもあります。海外へ移住するって誰もが真似できるものではないですが、そうした“一歩”を踏み出させてくれる勇気をもらえる番組だなってつくづく感じますね。