世界旅行ツーリズム協議会がまとめた最新の研究報告書によると、世界で観光産業の発展が急速な都市ランキングで上位5位を中国が独占した。写真は重慶。

写真拡大

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)がまとめた最新の研究報告書によると、世界で観光産業の発展が急速な都市ランキングで上位5位を中国が独占した。

同報告書によると、今後10年間もアジアの都市が引き続き観光産業の発展を主導する見込みで、特に中国の都市が先導役になるという。

中国南西部の都市・重慶が同ランキングで首位に立ち、年平均成長率は14%に達した。2位は広州で同成長率は13.1%。

同報告書によると、「重慶や広州などの都市の力強い発展は中国国内の力強い市場の後押しを受けたもので、この両都市の観光産業の総収入に占める国内観光客の消費の割合は、重慶が94.5%、広州が89.1%に達した。上海の成長率も12.8%に達し、首都・北京は12%だった」という。

WTTCのグローリア・ゲバラ総裁は、「この地域の2けたの成長率は実に驚異的」とした上で、「中国は巨大な旅客源の市場であるだけでなく、国内の観光産業の規模も非常に大きい」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)