Flashの流行と共にインターネット上に無数に登場したFlashゲームは、過去にあの任天堂も作成していたそうです。もともと公開されていたサイトはすでになくなってしまっていますが、ゲームを収集している人の手により、Adobe Flash Playerのインストールされた環境なら誰でも遊べるように公開されています。

Nintendo’s Old Flash Games Are Being Rescued from the Bowels of the Internet - Motherboard

https://motherboard.vice.com/en_us/article/pa33ky/nintendos-old-flash-games-are-being-rescued-from-the-bowels-of-the-internet

そもそも任天堂が過去にFlashゲームを作っていたことを知らないという人もいるかもしれませんが、任天堂は確かに「どうぶつの森」「メトロイドプライム」「ルイージマンション」といった人気シリーズのFlash版ゲームを制作・公開していました。これらのゲームは任天堂が運営するウェブサイト上で公開されていたのですが、Flashゲームのリリースは長くは続かず、「Disney's Toontown Online」や「SpongeBob SquarePants」と同じようにすぐに世の中から消え去ることとなっています。

そんな中、モッダーであり任天堂のファンでもあるSkeluxさんが、任天堂が過去にリリースしたFlashゲームを後世に残すための取り組みを始めました。Skeluxさんは、1999年から2010年までの約11年間で登場した任天堂のFlashゲーム48個をサイト上で公開しています。

Flash Games - Origami64



メトロイドプライムのFlashゲームは起動画面のイメージがゲームキューブ版「メトロイドプライム」のパッケージになっているので、ゲームの発売に合わせてリリースされたものと思われます。

Metroid Prime



2003年に発売された音ゲー「ドンキーコンガ」のFlashゲーム。

Donkey Konga



2002年にゲームキューブ用ソフトとして登場した「ゼルダの伝説 風のタクト」のFlash。ゲームというよりはウェブサイトがそのまま保存されています。

The Legend of Zelda: The Wind Waker



公開されているFlashゲームをまとめたムービーも公開されています。

Flash Games Nintendo Made, MEGA Collection! - YouTube

なお、SkeluxさんはインターネットアーカイブのWayback Machineを使ってインターネットの深部に眠るファイルを探しだし、コンパイルしてアーカイブ用にサイト上に保存したそうです。ただし、ゲームの一部は不完全で、一部のファイルが見つからないままになっており、Skeluxさんは探しているファイルを提供してくれる人には50ドル(約5700円)の報奨金を支払うとしています。