参考画像。(画像:川崎重工業発表資料より)

写真拡大

 11月6日、潜水艦「しょうりゅう」の進水式が行われた。海上自衛隊向けに川崎重工業の神戸工場で建造中のもので、「そうりゅう」型潜水艦の10隻目にあたり、また、同工場で建造された戦後の潜水艦としては28隻目となる。

【こちらも】三菱重工が海上自衛隊の新護衛艦を受注、下請けには三井造船

 そうりゅう型は、海上自衛隊の誇る最新鋭潜水艦である。2005年から建造が始まり、2009年にネームシップである「そうりゅう」が竣工・就役。2021年までに計12隻の建造が予定されている。「しょうりゅう」の竣工は2019年3月を予定する。

 ちなみに、2011年の日本の武器輸出三原則緩和を受け、この「そうりゅう」型潜水艦も、時折輸出の可能性が取沙汰されることがある。インドが関心を示したこともあり、オーストラリアとの間の交渉は閣僚級の会談がセッティングされる程度までには進んだ。もっとも、最終的にはお流れとなっている。

 では、性能について見ていこう。スターリング機関の採用により潜航性能は向上し、各種システムは自動化をはかられ、高性能ソーナー装備による捜索能力の向上のほか、ステルス能力も向上をみている。また、水中運動性能と推進性能に優れ、船体には高張力鋼が用いられている。

 そのほか、公表されている「しょうりゅう」の主要諸元は以下の通り。

■長さ84メートル

■幅9.1メートル

■深さ10.3メートル

■喫水(常備)8.4メートル

■基準排水量2,950トン

■主機関川崎12V 25/25SB型 ディーゼル機関 2基川崎コッカムスV4-275R スターリング機関 4基推進電動機 1基

■軸数1軸

■速力20ノット

■主要兵装水中発射菅 一式

■その他スノーケル装置 一式