「本命」「セカンド」はココで分かれる! 男子がぶっちゃけた“彼女の判断基準”5つ

写真拡大

いつも男子の「本命」になれる女子もいれば、本命だと思っているのは女子だけで「実は、セカンドだった」という場合もあります。

愛と勘違いしちゃった…! 男が「セカンド女子」に送る紛らわしいLINE6つ

では、男子から見て、本命に選ぶ子とセカンドに選ぶ子には、どんな違いがあるのでしょうか。

男子たちが、どんな部分を基準にして「この子は本命!」「こっちはセカンドだな」と判断をしているのか……、女子としては気になりますよね。

そこで今回は、男子たちに本命とセカンドの境界線を、思いきりぶっちゃけてもらいました。

ちゃんとした“彼女”に選ばれる女子には、どういった共通点があるのでしょうか?

1. 自分に理解を示してくれる(否定しない)か

「本命とは心のつながりを求めるけれど、セカンドとは楽しければなんでもいい」という男子も多数でした。

自分に深い理解を示してくれる女子は大事にしたい反面、好き勝手で自分のことしか考えていない女子は、セカンド(遊び)に分類される傾向があるようです。

「セカンドとは、正直エッチさえ良ければあとは求めません」(29歳・営業)と、赤裸々な意見を出してくれた男子も。

また、「自分の意見を否定する女子とは一緒にいたくない」(30歳・営業)という声も出ていました。

2. ポジティブな会話をしてくれるか

女子が、自分の話をするときにポジティブな話が多いのか、ネガティブな話題ばかりなのかによっても、本命orセカンドの境界線になっていました。

「暗い話ばかりする女子とは、まともには付き合いたくないですよ。

でも、遊びの相手なら別。将来は考えていないので、その子がどんな性格だろうと、あまり気にならないのが本音かな」(33歳・販売)

セカンド女子との未来は考えていないから、どんな話をしていても「どうでもいい」のかも。

3. 言葉遣いや振る舞いがちゃんとしているか

「本命彼女になってもらう子は、言葉遣いや振る舞いがちゃんとしている人がいい」という男子も多くいました。

本命とはその先に結婚を考える男子も少なくありませんから、一緒にいて恥をかかない人物が好ましいということでしょう。

「言葉遣いが汚い女子は、僕の中では論外。遊びならいいけど、絶対に本命にはしたくありません」(32歳・SE)

女子なのに男子みたいな話し方をしていると、本命には選ばれないことも。

4. 清潔感があるか

「本命として好きになる女子は、清潔感がある子が多い」というのも、多くの男子が口にしていた基準でした。

「髪の毛にフケが付いていたり、洋服にシミがあったりと、清潔感のない女子は無理です。

僕は遊びでも無理ですけど、友達なんかは“清潔感がない女のほうが軽いから落としやすい”とも言っていますよ」(30歳・営業)

綺麗とか可愛いとかの話ではなく、見た目のイメージも、本命になるためにはやっぱり大事なようです。

5. 生活の些細なペースが合致するか

LINEの頻度や時間帯、お腹がすくタイミングなど、生活していくうえでの些細なペースが合致する女子は「本命にしたくなる」という意外な声も続々と出てきました。

逆に言うと、ここが合わない女子のことは、遊び相手としてカウントされる場合も珍しくないのかもしれません。

「LINE魔みたいな女子が苦手。遊びでは付き合ってもいいんだけど、本命はずっと一緒にいたいから、自分と同じペースの子がいい」(34歳・公務員)

要するに、居心地がいい相手は本命にできるけど、自分が無理しなくてはならない女子とは遊びでしか付き合えないということなのかも?

男子たちの本音をまとめてみると、本命とセカンドには、それなりに明確な違いもあるようですね。

言われてみれば「なるほど」と言える基準が並んでいましたので、「セカンドにはなりたくない!」と思っている女子は、ぜひ参考にしてみてください。