なにわ色が濃過ぎる“ズケズケ関西女”たち/(C)NTV

写真拡大

11月7日(火)に放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、関西人の感覚が理解できないお嬢さまたちと、お高くとまっているお嬢さまが許せない関西女性たちの舌戦が繰り広げられる。

【写真を見る】関西人の感覚が理解できないお嬢さまたち/(C)NTV

最初のトークテーマ「ちょっと鼻につく女の言動」では、元NHKアナウンサー・住吉美紀が見た目によらず、電車の中で足を蹴ってきたオバサンと真っ向から口ゲンカしたエピソードを披露し、周囲を驚かせる。

「一言多い女」の話では、ほんこん似で知られる尼神インター・誠子が彼氏を作るために5kg痩せたことを明かすと、友近が「徳永ゆうき君に似てる」と発言。その系統が宮沢りえにも通じていると判明し、誠子の魅力を巡って大騒ぎになり、誠子自身が「もうつらいからやめて!」と止めに入る。

そんな誠子に、「ミス日本コンテスト2016」グランプリの松野未佳が「分かる」と同調し、またもや大騒ぎに。松野は男性の前ではかわいい言動ができず、いまだに彼氏ができたことがないと悩みを打ち明ける。

フォローしようとする明石家さんまだったが、あろうことか松野の顔を「○○みたいな顔」と下ネタ発言をしてしまう。

「理解できない関西女の言動」というテーマでは、8LLDDKKに住むお嬢さま・斉藤アリスの母親が繰り広げる規格外の趣味にさんまもあぜん。また、時価のすし店に関西人と行ったという話では、1貫5000円のすしを食べていたことが判明し、関西女たちをイラッとさせる。

これに対し、2010年に「ミス・ユニバース・ジャパン」で3位となった福田萌子が、1000坪の本邸と全国に10もある別邸を家族で自由に飛び回る生活を明かしたことから、アリスVS萌子のお嬢さまバトルが勃発。お嬢さま同士の小競り合いも必見だ。