米国の市場調査会社IDCが、このほどまとめた今年(2017年)7〜9月のスマートフォン市場レポートによると、この期間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は3億7310万台となり、1年前から2.7%、前の四半期から7.4%増加した。

 1年前の7〜9月期と比べた伸び率は小幅にとどまったものの、こうしてプラス成長で年末商戦の四半期を迎えられたことは、市場が依然、勢いがあることを示していると、IDCは指摘している。

 今年7〜9月に出荷台数が多かったメーカーは、1位から順に、韓国サムスン電子、米アップル、中国ファーウェイ(華為技術)、中国オウポ(広東欧珀移動通信)、中国シャオミ(小米科技)。

 これら5社の中で、1年前から最も成長したのはシャオミだ。その伸び率は102.6%と、2倍以上。また、ファーウェイとオウポも、それぞれ16.1%、19.0%と、2桁の伸びだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

iPhoneの伸び率は2.6%

 一方、サムスンとアップルは、それぞれ9.5%と2.6%と1桁の伸び。このうちアップルは、前の四半期(4〜6月)に前年同期比でプラス成長に回復。この7〜9月もプラス成長し、2四半期続けて前年実績を上回った。

 アップルは今年初めて、秋の新製品イベントで3つのiPhoneを発表した。iPhone 8、同8 Plus、iPhone X(テン)である。iPhone 8シリーズの発売日は9月22日だったため、IDCのレポートには、9日分の販売実績しか反映されていない。また、iPhone Xの発売日は11月3日だったため、こちらはまったく反映されていない。

iPhone X求めて長蛇の列

 こうした中、10〜12月期は、これら新モデルの販売が反映されるとともに、年末商戦もやってくる。iPhone Xの発売日には、世界のアップル直営店に長蛇の列ができたと報道されていることから、10〜12月期は大きく伸びるのかもしれない。

 これに加え、IDCは、iPhoneの製品ラインアップがかつてないものになったとも指摘している。アップルはiPhone X、iPhone 8、同8 Plusに加え、旧モデルのSE、6s、7も併せて販売しているからだ。

 しかも、これらの旧モデルは、最近、価格が引き下げられた。10〜12月は、あらゆる消費者の需要に応える、さまざまな価格帯のiPhoneが用意される初めての四半期になると、IDCは報告している。

世界のスマホ市場は2つの陣営が支配

 ただ、スマートフォンの世界市場は、その成長が鈍化していることも事実だ。その理由として、IDCは上位5社以外のメーカーが苦戦していることを挙げている。

 IDCによると、今のスマートフォン市場は、2つの陣営によって牽引されている。1つは、高価格帯の製品を大量に市場投入し、消費者需要を喚起しているグループ。

 こちらは、主にサムスン、アップル、ファーウェイで構成される。米グーグルや、新興の米エッセンシャル・プロダクツ、韓国LGエレクトロニクスが、新製品を投入して注目を集めているものの、サムスン、アップル、ファーウェイほどの成功は収めていないという。

 もう1つは、自国以外の市場に進出し、成功を収めている中国メーカーのグループ。こちらには、オウポとシャオミがいる。

 先ごろ、別の調査会社、英カナリスが、インドのスマートフォン市場が急成長していると報告していた。IDCによると、オウポとシャオミはいずれも、インド市場に注力する戦略をとり、同国で勢力を拡大しつつある。

(参考・関連記事)「インドのスマホ市場、ついに米国抜き世界2位」

筆者:小久保 重信