【発表】大阪あるある45連発「アホはOKだがバカは激怒」「阪神タイガースは大阪の球団」

写真拡大 (全5枚)

大阪は日本の47都道府県でも特に個性的な人が集まる、活気のある街だという印象が強いのではないでしょうか。関西弁で話しかけられるとそれだけで親近感が湧き、活気をもらえる気がしますよね。

独自の大阪文化が面白い



今回はそんな独特の大阪文化が良くわかる「大阪あるある」を45連発でお届けします。大阪に住んでいない人にとっては「マジかよ!」と思ってしまうことも多いかもしれませんが、これらはすべて大阪人にとっては当たり前のことなのです。



笑いと感動の「大阪あるある」45連発



1. 「かわいい」「かっこいい」「優しい」などの褒め言葉よりも、「おもろい」が一番言われて嬉しい褒め言葉

2. 大阪人と言うだけで「面白いこと言って」と話を振られるのが辛い

3. 基本的に「ちゃうねん」から会話が始まる

4. 「行けたら行くわ」は、ほぼ100%行かない

これは大阪人に限らないかもしれませんが、大阪人は誘われるととりあえず「行けたら行くわ」と返すことが多いです。

5. 大阪府の南部に行くほど“ザ・大阪”。北の方ほど大阪感はなくなってくる

6. 阪神タイガースは大阪のチーム。オリックスは神戸のチーム

本当は阪神タイガースは兵庫県のチーム。オリックス・バファローズが大阪府のチーム。

7. 甲子園球場は兵庫にあるけど大阪のもの

8. 六甲おろしは野球ファンじゃなくても歌える



9. お好み焼きをおかずにしてご飯を食べる

お好み焼き屋さんに行くとご飯とのセットが当たり前のように用意されています。

10. 広島人と一緒にお好み焼き屋に行くと、絶対に揉める

広島のお好み焼きは「広島風」と言うのが一般的ですが、広島では“広島風”こそスタンダードなお好み焼きだと思われているため、ほぼ確実に揉めるそうです。

11. 一家に一台たこ焼き器

よくネタっぽく大阪は一家に一台たこ焼き器があると言われますが、実際ほとんどの家庭にたこ焼き器があるそうです。

12. アホは褒め言葉。バカは許さない

標準語の感覚ではアホもバカもあまり変わりませんが、アホは大阪では「おもしろい」「くだらない」と言う褒め言葉になります。一方「バカ」はかなり強く罵る言葉となるため、言われるとブチギレする人が多いです。

13. 「まあそれはアレやな」でだいたい通じる

14. おにぎりせんべいが全国で知られていないことに衝撃を受ける

関西ではおなじみですが、東日本で取り扱っている店は少ないのです。

15. 鶴橋駅のホームは焼肉の匂いが凄い

ホームのニオイでご飯を食べられそうなレベル。

16. 「行きしな」が関西以外で通じなくて衝撃を受ける

行く途中で、行くときに、と言う意味。

17. 「探偵ナイトスクープ」は心のオアシス

老若男女みんな大好き。元気がなくても笑える。

18. 新幹線に乗るのに新大阪方面の御堂筋線が中津行きだったときの絶望感

中津駅は新大阪駅の2駅前。

19. ドラマや映画で下手な関西弁を聞くとイラッときて観るのをやめる

20. 「あべのハルカス」は大阪人の誇りだが、意外と知名度が低いと知り傷つく

21. 「せやな」は相づちであり、同意ではない

22. チェーン店以外のほとんどのレストランに「魔法のレストラン」というシールが貼られている

レストランや定食屋を紹介するテレビ番組で紹介されたお店に貼られるシール。

23. 梅田駅の地下は大阪人でも迷う

24. パーマは「かける」ではなく「あてる」

25. 上沼恵美子も人気だが、それ以上に天童よしみ支持率が凄い



26. 中濃ソースを知らない

言われても味を想像できないそうです。

27. 関東のうどんなんて食べられない

味が濃すぎて苦行レベルで味覚が合わないそうです。

28. スーパー玉出はパチンコ屋っぽいが、スーパーマーケット

29. 三重県を関西に入れるかどうかで揉める

30. 一番言われてヘコむ言葉は「おもんない」

31. 片付ける=「なおす」

32. マクドナルドは「マクド」と略す

これは有名ですね。理由はマックというとパソコンを指すからなのだとか……!

33. ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは「ユニバ」と略す

USJとは言いません。「ユニバ」のほうが文字数が少ないからのようですね。

34. 子供のころ「モータープール」の看板を見て、本当にプールがあるんだと思っていた

昔からある民間駐車場のことを「モータープール」と言います。

35. 「おっちゃん」と「おっさん」は別の意味

おっちゃんは可愛らしいイメージ。おっさんは小馬鹿にしたイメージ。



36. 難読地名が多いが、テレビで頻繁にネタにされるため、逆に読める

「十三」「放出」「中百舌鳥」「四条畷」などなど……。

37. タケモトピアノのCMが全国区だと知ってショックを受ける

「ピアノ売ってちょーだーい」「みんなまーるくタケモトピアノ〜♪」と繰り返すCM。いかにも関西っぽいノリのCMですが、そのまま全国で使われています。

38. ひらパーといえば、岡田園長

39. 土曜日のお昼は新喜劇を見る

子供たちは学校からダッシュで帰宅して見ます。

40. 「大阪名物パチパチパンチや。」がもう見られないことが悲しくて仕方ない

41. 阪急電車は金持ちの乗り物

庶民は阪神電車と南海電車というイメージがあるそうです。

42. 百貨店で「キタ」といえば阪急、「ミナミ」は大丸

43. 話にオチがないと「で?」となる

普通の会話でもオチを求める傾向があります。

44. 会話の締めは「ホンマそれ」

45. ひと通り喋った後に「知らんけど」で締める

「信じるか信じないかはあなた次第」的な意味らしいです。知らんけど。

笑いを追求する文化



大阪といえば漫才、吉本新喜劇などお笑いのイメージが強いですが、こうしてあるあるを並べてみると、大阪人にはいかに笑いが根付いているのか良くわかります。

普通の会話にもオチを求め、おもしろがられると喜び、つまらないと言われると他の地域の人よりも激しく落ち込むのです。

大阪に行ったり、大阪出身の人と遊ぶときなどは、この大阪あるあるを意識してみるとおもしろいかもしれませんね。知らんけど。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/