PRの場も「選択と集中」の時代に入っている(撮影:大澤 誠)

10月27日(金)から11月5日(日)まで10日間にわたって東京・有明の東京ビッグサイトで一般公開された「第45回 東京モーターショー2017」が閉幕した。

今回の総来場者は77万1200人。前回(2015年)の81万2500人に比べて約5%、約4万1000人の減少となった。一般公開日直後の週末に台風22号が関東地方を直撃したことを考慮すると、天候さえよければ前回を上回ったか、あるいは減少幅はもうちょっと少なかったかもしれない。

とはいえ、かつては1990年代に入場者200万人オーバーを記録。同150万人時代が続いた自動車イベントだ。今回はアメリカやイギリス、イタリアなどの海外メーカーの出展取りやめも少なくなかった。これらを題材にして「東京モーターショーの衰退」「クルマ離れは解消せず」などという論調の報道もあるだろう。

国際的にみれば、健闘している

ただ、これだけでショーそのものの活気やクルマ人気を語るとしたら寂しい話だ。ステレオタイプな斜に構えた見方ともいえる。世界と比べてみるとそもそも100万人を超えるメジャーなモーターショーはパリくらい。あのフランクフルトショーや北京ショー、デトロイトショーも81万人である。東京モーターショーは国際的にみて、むしろ健闘しているといってもいい。

出展企業の変化も東京モーターショーに限ったことではない。筆者は長年、世界のモーターショー取材を行っているが、主要自動車メーカーがすべて出そろうのはスイス・ジュネーブショーくらい。アメリカのデトロイトショーやドイツのフランクフルトショーですら出展を辞退する自動車メーカーも存在する。

PRの場も「選択と集中」の時代に入っている。一方、アメリカ・ラスベガスで開かれる世界最大の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」やイギリスのグッドウッド、アメリカのペブルビーチといったモーターショー以外のイベントを重要視する自動車メーカーも増えている。日本でも近年はアジア最大の家電見本市「CEATEC JAPAN」(シーテックジャパン)で自動車メーカーの姿も目立っている。

ショーそのものの中身はどうだったか。まず、一般メディアやTVでは「EVシフトが鮮明に」などと報道されていたが、「本当に会場を回ったのか?」と聞いてみたい。個人的にはEV、ガソリン、ハイブリッド、ディーゼルとバランスよく展示されていたようにしか見えなかった。


TOYOTA CONCEPT-愛i(撮影:鈴木紳平)

「遠い未来」より「近い未来」への提案が多かった

国産メーカーは数多くの世界初公開モデルを登場させたが、東京モーターショーの特徴の1つであった純粋なコンセプトカーの数は減り、逆に市販モデルを示唆するコンセプトカーや市販予定モデルが多かったように感じた。


マツダ魁(かい)コンセプト(撮影:風間仁一郎)

そういう意味では、「遠い未来」より「近い未来」への提案が多かったのだろう。個人的には数合わせの意味を持たないコンセプトカーのたぐいが減ったのは喜ばしいと感じた。一方で、「各社の先進技術を持ち寄り、存在感のある“世界一のハイテクショー”にしていきたい」というコンセプトは、正直言って時期尚早に感じた。それは東京だけの問題ではなく、デトロイトもフランクフルトでも次世代をテーマにしたブースは人気がないという同じ悩みを持っている。そもそも自動車メーカーすらそれらを用いた具体的な未来やイメージが見えていないのだから、エンドユーザーにはピンと来なくて当然だろう。

ブースは、以前のように豪華絢爛ではないものの、各メーカーの独自性がアピールできていたと思うし、多くのメーカーは海外モーターショーと同じブースの意匠、つまり世界共通のブーステーマが採用されていた。もちろん、海外ショーのブースは2階建てが多く、打ち合わせや休憩可能なスペースが用意されているが、それはビジネスユースがメインで、一般のお客さんにはあまり関係のないことだ。


「東京でなければ見られない」というモデルがどんどん増えれば…(撮影:風間仁一郎)

トヨタ自動車の「センチュリー」や「クラウン」、軽自動車といった国内専用モデルに対する海外メディア受けもよかったと聞くが、この辺りは海外ショーで日本未導入モデルに喜ぶ日本人の気持ちと同じだ。今後「東京でなければ見られない」というモデルがどんどん増えれば、海外メディアだって黙っていられないだろう。

輸入車メーカーの世界初公開モデルが1台もなかったのは残念だった。ただ、直前に行われたフランクフルトショーで世界初公開されたコンセプトモデルの多くが、そのまま日本へ直送されてきたことは評価していい。

復活のシナリオはどう描く?


フラッグシップコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開(撮影:大澤 誠)

今回、筆者はプレスデーだけでなく一般公開日にも会場に足を運んだが、一般来場者のコンセプトカーや市販予定車へのあこがれはもちろん、平置き展示されている市販車のチェック、車両解説員への熱心な質問など、日本人のクルマ熱は決して薄れていないように感じた。

日産自動車「GT-R」やホンダ「NSX」「シビックタイプR」、トヨタの「レクサスLC」、ポルシェなどのスーパースポーツモデルはもちろん、普段は乗ることのできないトラックなどの乗車体験には長い列ができていたほど。また、試乗体験や自動車ジャーナリストが専門家の視点で解説を行うガイドツアー、シンポジウム、スポンサーイベントなども盛況で、来場者それぞれがいろいろな楽しみ方をしていた。

もちろん、すべてが万歳かというとそんなことはない。ここでは多くは語るつもりはないが、会場の問題や付帯イベント、海外メーカーの誘致、一般来場者への対応など、次回に向けて改善すべき点はたくさんある。プレスデーでは海外メディアの数が減ったと指摘されていた。メディア側から停滞感が見えたのも事実。そこは主催者である日本自動車工業会も反省すべき部分だと思う。

1つ言えるのは、東京モーターショーは世界に向けた発信も大事だが、それよりも来場者が「来てよかった」「楽しかった/面白かった」と実感してもらうことこそが、復活のシナリオだと思っている。来場者数や規模では海外のモーターショーには太刀打ちはできない。顧客満足度でナンバーワンを目指してほしい。