明石家さんま、Fカップ美女に「〇〇みたいな顔」と下ネタ

写真拡大

「ミス日本コンテスト2016」でグランプリを獲得したFカップ美女の松野未佳が、11月7日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56〜)に出演する。

明石家さんまがMCを務める同番組。この日は、「上品お嬢様VSズケズケ関西女」と題し、関西人の感覚が理解できないお嬢様たちと、お高くとまっているお嬢様が許せない関西女たちが舌戦を繰り広げる。

オープニングトークでは、“ズケズケ関西女”のくわばたりえ(クワバタオハラ)、尼神インター(誠子、渚)のトライアングルゾーンに、さんまが「なにわ色が濃すぎる」とうんざりしてしまう。さらに、ひときわ異彩を放つロシア人タレントのアレクサンドラも、その美貌に似つかわしくないコテコテの関西弁で「なんでやねん」を連発し、さんまをガッカリさせる。

そんな中、最初のトークテーマ「ちょっと鼻につく女の言動」では、関西女たちから次から次へと不満が噴出。元NHKアナウンサーの住吉美紀は見た目によらず、電車の中で足を蹴ってきたオバサンと真っ向から口ゲンカしたエピソードを披露し、周囲を驚かせる。また、「一言多い女」の話で誠子が彼氏を作るために5kg痩せたことを明かすと、さんまは「恋したいのか」とニヤリ。ほんこんに似ていることで知られる誠子だが、友近から「徳永ゆうきくんに似てる」と言われると、その系統が宮沢りえにも通じていると判明し、誠子に希望の光が……。しかし、くわばたが「どうしたら(誠子を)好きになります?」とさんまに聞いたところ、その答えにくわばたが激怒。誠子の魅力をめぐる大騒ぎに、誠子自身が「もう辛いからやめて!」と止めに入る一幕も。

そんな誠子に対し、松野が「わかる」と同調し炎上。美貌に加えてFカップだという松野だが、男性の前ではかわいい言動ができず、いまだに彼氏ができたことがないと悩みを打ち明ける。なんとかフォローしようとするさんまだったが、あろうことか松野の顔を「〇〇みたいな顔」とまさかの下ネタ。美女のまさかの赤っ恥に女芸人軍団は大喜び。

このほか、8LLDDKKに住むお嬢様の斉藤アリスと、1000坪の本邸と全国に10もある別邸を家族で自由に飛び回る福田萌子による“お嬢様バトル”も繰り広げられる。