「ブランパン2個入〜牛乳使用〜(写真:ローソンの発表資料より)」

写真拡大

■ローソンは7日より「ブランパン」シリーズをリニューアル発売

 ローソンは、7日より累計販売1億5,000万個以上を売り上げている「ブランパン」シリーズから4商品をリニューアルして発売する。生地に使う原材料の配合を見直し、仕込み水の一部に牛乳を使った。また、ブラン(穀物の外皮(ふすま))を使い、糖質を抑えた新商品のパンも発売する。1個125円〜238円(価格はいずれも税込)。

【こちらも】永谷園とローソンストア100が初コラボ 「松茸の味お吸いもの」使い5商品

■リニューアルする商品ラインナップ

 「ブランパン2個入り〜牛乳使用〜」 125円 1個当たり糖質2.2g、カロリー70Kcal 米ブランとオーツ麦ブラン、殺菌した乳酸菌50億個を配合し焼き上げた。食感がしっとり、ふんわりしたロールパン。4個入りは238円。

 「ブランのあんぱん」 1個165円 糖質13.3g、カロリー164Kcal 米ブランとオーツ麦ブラン、殺菌した乳酸菌60億個を配合した生地で焼き上げたあんぱん。中には北海道産大豆の粒飴が中に入っている。

 「ブランのスイートチョコロール」 1個150円 糖質12.5g、カロリー235Kcal 米ブランとオーツ麦ブラン、殺菌した乳酸菌80億個を配合した生地に、発酵バター入りの油脂を折り込んで入れ、クーベルチュールチョコを巻き込んだもの。

 以上は、どれも生地に使う原材料の配合を見直して、仕込み水の一部に牛乳を使い、ブランの独特香りを減らしたものだ。食感がよりしっとり、ふんわりしている。

■新商品の特長

 「ブランパン2個入り〜チーズ〜」 150円 1個当たり糖質2.0g、カロリー74Kcal 米ブランとオーツ麦ブラン、殺菌した乳酸菌50億個を配合した生地に、ダイスチーズを練り込んだ。生地の表面には粉チーズをトッピングして焼き上げている。こちらも仕込み水の一部に牛乳を使い、ブラン独特の香りを抑えている。

■「ブランパン」とは

 ローソンは、2012年から糖質が少なく、栄養成分を多く含む“ブラン”を使ったパンを販売している。発売以降、“より美味しくて健康的な”ブランシリーズのパンを届けるために、毎年リニューアルを重ねており、今年で6回目だ。健康に気遣う人から主に好評を得て、シリーズ累計1億5,000万個以上(2017年10月末時点)を売上げている。

 「ブランパン」以外にも、糖質を抑えたスイーツや、スムージーシリーズのチルド飲料などの健康志向の商品を発売し、売上は年々拡大傾向にある。今後も、「美味しくて健康な食」を柱に、「マチの健康ステーション」の実現のため、商品開発や発売を進めていく考えだ。