【満足度4.5】19万円のカメラが価格コムで売れ筋2位の理由

写真拡大 (全14枚)

カメラ選びで当然に気になるのは画質。その中でも、特に高画質なのが「フルサイズ」と呼ばれるランクの製品です。20万円、30万円台が当たり前のジャンルですが、今、その金額にも関わらず人気となっています。今回は、そんなフルサイズカメラ14製品の比較で、1位となった製品をご紹介します。


高画質の代名詞的存在
「フルサイズ」14機種をテスト


カメラの画質を決定づけるのがイメージセンサーと呼ばれるパーツです。イメージセンサーは大きければ大きいほど画質が良くなります。「フルサイズ」とはセンサーサイズの規格で、その面積はスマホの約25倍もあるのでとにかく高画質なんです。

風景をリアルに再現する繊細な描写、人物を印象的に見せる美しく大きなボケ、暗い場所でもノイズの少ない写真に仕上がる高感度性能など、フルサイズ一眼カメラなら写真がビックリするほど綺麗に写ります。今回、型落ちモデルから最新機種まで14機種の画質や性能を比較しました。

検証を担当したのは「絶景 山岳写真入門」などの著書もあるプロカメラマンの園部大輔氏です。


コンパクトでコスパも抜群
上位機種より気軽に撮れます



キヤノン
EOS 6D Mark II
購入価格:19万8439円
サイズ・質量:W144×H110.5×D74.8mm・約685g(本体)
イメージセンサー:2620万画素 フルサイズ
ファインダー倍率:約0.71倍

本製品はフルサイズとしては破格の20万円切り。それでも安くはない金額ですが、価格コムのカメラジャンルでは売れ筋2位という人気製品です。その理由は使いやすさにあります。

今まで、フルサイズ一眼レフはとにかく重くてデカいというのが定説でした。そのため、いざ買っても持ち出すのを躊躇することも少なくありません。ですが、この「EOS 6D Mark供廚楼磴い泙后フルサイズ一眼レフとしては最も軽い685gで薄さもトップクラス。ライバルのニコンD750より65g、上位機種のEOS 5D Mark犬茲115gも軽量です。

EOS 6D Mark兇魯侫襯汽ぅ紺豐礇譽佞任魯┘鵐肇蝓次米門)クラスの機種ですが、30万、40万円台の高級機種を差し置いて、テスト結果で1位を獲得。2017年発売の最新機種の中では唯一20万円を切る実売価格でコスパも抜群です。



コンパクトだから気軽に持ち出せてその分、シャッターチャンスも増える。EOS 6D Mark兇両型軽量さには上位機種にはない大きな価値があります。



左からD750、EOS 6D Mark 供▽7 R供むろん、ミラーレスカメラのソニーα7シリーズよりは分厚いですが、適度な厚みがある分だけ持ちやすさはEOS 6D Mark兇上です。


ベストな理由 Д織奪疏犧遒快適
ミラーレス並の簡単さです



液晶モニターは自撮りできる可動式タイプでタッチ操作に対応。イメージセンサーの改良で液晶を見ながらの撮影(ライブビュー)でも最新ミラーレス機並の高速オートフォーカスを実現しています。さらに、動画撮影時のオートフォーカスも滑らかです。



フルオートでも撮影できるのでビギナーでも安心です。




ボタンやダイヤル類はフルサイズ一眼レフなので大きめ。設定変更を確実かつ素早くできます。大事な場面でボタンを押し間違えてイライラ……というトラブルを起こしにくいのは一眼レフのメリットと言えます。



パーツの隙間を埋めるシールドが厳重になり、防塵防滴性能がアップ。よりタフになりました。一眼カメラでは珍しいGPS付きなのでスマホ同様に撮影場所の位置情報を写真に埋め込めます。もちろん、イマドキのカメラらしくWi-FiやBluetooth、NFCにも対応。スマホとの親和性もバッチリです。
※画像はオフィシャルより


ベストな理由◆Д薀ぅ丱覽,茲
優秀なオートフォーカス



EOS 6D Mark 兇魯ートフォーカスも連写も一眼レフとして十分なパフォーマンスを備えています。撮り比べたところライバル機のニコン D750と比べて動く被写体の追尾性能も優秀でした。



画素数は2600万。この画素数はフルサイズ一眼ではスタンダードです。
※画像はオフィシャルより

このようにEOS 6D Mark 兇呂垢戮討寮能がバランスよく仕上がっており、スポーツ、夜景、ポートレートなどあらゆる撮影シーンでフルサイズカメラであることを実感できます。実際に各項目をテストし、採点しましたのでまずご覧ください。


ベストな理由:スキなしの
画質とパフォーマンス


ランキングでは動く被写体へのオートフォーカス性能や夜景と人物写真の画質などを比較しました。


[オートフォーカス精度] POINT9/10


多くの被写体に対して有効に食らいついていきます。ただし、ワンランク上のEOS 5D Mark 犬犯罎戮疹豺腓蕨⊆迷度や連続撮影できる枚数に差があります。


[夜景(暗所)] POINT8.5/10


フルサイズ一眼らしく写真の暗めの部分もノイズは少なめ。夜景撮影を快適に行うことができます


[人物(肌の色)] POINT8.5/10


キヤノンらしい美しさに加え、優秀なオートフォーカスにより完璧に近い人物撮影性能です。


フルサイズならではの高画質を
気軽に楽しめるカメラでした


フルサイズカメラの中でも「エントリー」モデルであるEOS 6D Mark 兇蓮▲潺蕁璽譽好メラ全盛の中、落ち着いてしまった一眼レフ市場においてとっつきやすく作られたフルサイズカメラです。そういう意味では、尖った性能や爆発力のある仕上がりを求める人には向かないかもしれませんが、フルサイズカメラを選ぶうえで弱点やクセが少なく小型軽量という大きな価値をもつ優等生モデルと言えます。

以上、EOS 6D Mark IIの紹介をしました。プロはもちろんカメラビギナーの迷ったときの一台として最適なモデルです。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。