「華中エリアの背骨」などと言われる湖北省の神農架林区は秋を迎え、折り重なった林の木々が秋の色に染まり、色とりどりの景色が織りなす美しさはまるで絵のようだ。

写真拡大

「華中エリアの背骨」などと言われる湖北省の神農架林区は秋を迎え、折り重なった林の木々が秋の色に染まり、色とりどりの景色が織りなす美しさはまるで絵のようだ。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

大九湖湿地公園は銀色に包まれ、漂う霧があたりを薄い膜で覆い、水墨画の長い絵巻にも似た世界を作り出している。(提供/人民網日本語版・編集/KS)