舞台・もののふシリーズ最終章の主演を務める花村想太

写真拡大

西田大輔作・演出の、時代を疾走する男たちの熱き生き様を描く舞台「もののふシリーズ」。その最新作であり最終章となる「駆けはやぶさひと大和」の上演が、2018年2月に決定した。

【写真を見る】花村が演じるのは新撰組隊士・中島登

“もののふシリーズ”は、2015年9月に白虎隊の青春を描いた「もののふ白き虎」が上演。新撰組に憧れた白き虎たちの生き様は大きな反響をよび、2016年には「もののふシリーズ」と題しシリーズ化。第二弾では新撰組なき後の斎藤一を主軸に描いた「瞑るおおかみ黒き鴨」を開幕させた。圧巻のアクションシーンはさることながら、時代に翻弄されながら生きる若者たちの人間ドラマを描いてきた同シリーズ。

第三弾となる今回は“新撰組”隊士たちが中心の物語となる。主人公・中島登(新撰組隊士)を演じるのは、5人組ダンス&4オクターブボーカルグループDa-iCEのボーカルの花村想太。これが初の単独舞台主演となる。また、花村は本作のテーマソングの作詞も手掛けることが決定し、舞台上での歌唱も演出に盛り込まれる予定。

キャスト陣はほかにも、榎本武揚役に久保田秀敏、沖田総司役に山本涼介、市村鉄之助役に杉江大志、横倉甚五郎役に健人、伊藤博文役に近藤頌利、島田魁役に林田航平と、舞台を中心に活躍する勢いある若手俳優たち。

また、桂小五郎役には歌舞伎俳優の中村亀鶴が演じ、物語に深みを与える。また、前回のもののふシリーズ『瞑るおおかみ黒き鴨』で主役を務めた青木玄徳が斎藤一役を続投、土方歳三役には荒木宏文と青木・荒木のふたりはシリーズ3作すべてに出演することになる。さらに、新撰組局長・近藤勇役に映画、テレビ、舞台、ラジオ、CMとマルチに活躍する的場浩司が決定、豪華キャストが熱き男たちの生き様を紡ぎ出す。

作・演出を手がける西田は「もののふシリーズは、観客の皆さんが創ってくれたもの。一つの嘘もなく、皆さんが『瞑るおおかみ黒き鴨』を産んでくれた」と感謝。

本作については、「たくさんの英傑が、一人の人間として、人と対峙する。このシリーズはそれが唯一のテーマでした。最後を描くなら“新撰組”以外ありません。彼らが華々しく歴史に登場したのは、短い季節。儚く、短く、だからこそ彼らは夢に駆けたのだと思います。作品は終わっても、生まれた世界と役は終わるわけではない。物語は続いていく、人生と同じように」と語る。

狼(新撰組)に憧れた白き虎(白虎隊)を描いた第一弾、その狼なき後を生きた男の物語の第二弾、そしていよいよ最終章で時代に翻弄されながらも強く生きた“新撰組”隊士=狼たちの物語が始まる。