これからの季節、雪国にお住いの方やスキーやスノーボードに行く方は、iPhone Xを雪の中に落としてしまうこともあるかもしれません。iPhone Xが低温に耐えられるのか、テストした動画をYouTubeチャンネルのEverythingAppleProが公開しました。

iPhone Xは氷に包まれても動作するのか?

まず、金属製のボウルの中に空き缶を立て、その上にiPhone Xを置き、ボウルを水で満たします。ちなみに、iPhone Xの耐水性能はすでにテスト済みで、水に浸されても問題ありません。
 

 
摂氏マイナス25度の冷凍庫に入れて、一晩置きます。
 

 
10〜12時間経過後に取り出してみると、ボウルの水は完全に凍って、iPhone Xは氷の中です。
 

 
ボウルを傾けると、iPhone Xの画面オンになることが確認できます。この時点で、iPhone Xは氷の中に放置されても動作することが確認できます。
 

氷に包まれたiPhone X、高さ9mから落下!

iPhone Xを包む氷を割るために、高さ30フィート(約9m)からコンクリートに、氷に入ったままのiPhone Xを落下させます。
 

 
砕け散る氷と一緒に、iPhone Xが宙に舞います。
 

氷から出てきたiPhone Xは無傷!

氷から出てきたiPhone Xの状態をチェックします。
 
背面のガラスにはひび割れなどのダメージもありません。
 

 
タッチスクリーンも正常に動作しています。
 

 
10時間以上、低温の水に浸されて氷に包まれても、そして氷ごと落下させられても、iPhone Xは無事に動作することがわかりました。
 
ただし、iPhone Xを落として強い衝撃を与えると、FaceIDが正常に動作しなくなることが確認されていますので、精密機器であるiPhone Xに強い衝撃を与えるのは極力、避けたほうが良さそうです。
 
実験の動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube(EverythingApplePro)
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ