もうすぐ日本vsブラジル戦!編集部が思い出に残っているのはこの試合だ

写真拡大

いよいよ今週10日(金)に迫った日本対ブラジルの強化試合。

ブラジルは「王国」と呼ぶに相応しい強豪国だが、実は日本と対戦するケースが多く、2000年以降の試合は今回が7度目となる(A代表に限る)。

そこで今回は、編集部のそれぞれに最も思い出に残っているブラジルとの試合を挙げてもらった。

編集部H

Q. 編集部が思い出に残っているブラジル戦は?
A. 2005年のコンフェデレーションズカップ

試合日:2005年6月22日
スコア:日本代表 2-2 ブラジル代表
得点者:中村俊輔(27分)、大黒将志(88分) / ロビーニョ(10分)、ロナウジーニョ(32分)

日本代表のレベルはかつてに比べて飛躍的に上がり、親善試合ではアルゼンチン、フランスなどを撃破してきた。

現代においては例えどこの国と戦っても、“それなり”の勝負ができ、戦い方次第では勝利できる水準にある。ただ、唯一の例外といえるのがブラジルだ。

日本サッカーは、ブラジルをお手本にここまでの発展を遂げてきた。下位互換の弟子が師匠を超えるのは難しいということだろうか。実力以上に相性は最悪で、近年の対戦では完膚なきまでに叩きのめされてきた。

だからこそ、もっとも「金星」に近づいた2005年コンフェデでのブラジル戦は脳裏に焼き付いている。この時のブラジルはロナウジーニョ、ロビーニョ、カカ、アドリアーノと、怪物級の選手がそろっていたが、試合終了間際、大黒が詰めて同点に。ブラジルは浮き足だち、残り時間で逆転しようかという状況まで追い込んだ。

あれから10年以上の時が経過した。一度は近づいたかに思えた“恩師”との距離は、縮まるどころかむしろ広がったような感覚さえある。

それでも、私たちを育んでくれた相手に少しでも成長した姿を見せたい。それが何よりの恩返しとなろう。

編集部I

Q. 編集部が思い出に残っているブラジル戦は?
A. 2006年のワールドカップ

試合日:2006年6月22日
スコア:日本代表 1-4 ブラジル代表
得点者:玉田圭司(34分) / ロナウド(45+1分、81分)、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(53分)、ジウベルト(59分)

オーストラリアに痛恨の逆転負け、クロアチアには無念のスコアレスドロー、そして迎えた勝負のブラジル戦。

前半に玉田圭司の先制点が決まった瞬間の興奮はよく覚えている。

“奇跡”を期待させたが、前半終了寸前にロナウドにやられると、後半は歯が立たず…。試合後のヒデの姿も印象的だった。

編集部I

Q. 編集部が思い出に残っているブラジル戦は?
A. 2005年のコンフェデレーションズカップ

試合日:2005年6月22日
スコア:日本代表 2-2 ブラジル代表
得点者:中村俊輔(27分)、大黒将志(88分) / ロビーニョ(10分)、ロナウジーニョ(32分)

W杯前のドイツ戦と並び、ジーコジャパンにおけるベストゲームの一つだろう。

力の差は明らかだったが、開始直後の加地による幻のゴール、中村の強烈ミドル、常に先行されながら最後に追いついた展開。

結局どちらの試合も勝てていないところがジーコ時代だったわけだが…。

編集部Q

Q. 編集部が思い出に残っているブラジル戦は?
A. 2006年のワールドカップ

試合日:2006年6月22日
スコア:日本代表 1-4 ブラジル代表
得点者:玉田圭司(34分) / ロナウド(45+1分、81分)、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(53分)、ジウベルト(59分)

2006年ワールドカップのグループステージ突破に僅かな可能性へかけた日本代表だったが、その夢を見事に砕いたのがブラジル代表だった。

日本代表はFW玉田圭司のゴールで先制し夢を膨らませるが、45分にロナウドがゴール。1-1で前半を折り返し僅かな希望を残し後半へ向かった。

しかし、迎えた後半に待ち受けていたのは牙をむいたサッカー王国・ブラジルだった。ジュニーニョ・ペルナンブカーノの魔球など3点を追加でとられ1-4で敗戦。

中田英寿ら黄金世代を中心とし歴代最強と呼ばれたジーコジャパンだったが、2002年ワールドカップの成績に及ばず失意のグループリーグ敗退となった。

編集部O

Q. 編集部が思い出に残っているブラジル戦は?
A. 2006年のワールドカップ

試合日:2006年6月22日
スコア:日本代表 1-4 ブラジル代表
得点者:玉田圭司(34分) / ロナウド(45+1分、81分)、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(53分)、ジウベルト(59分)

90年代以降ブラジルとはたびたび対戦しているが、唯一ワールドカップでの対戦となった2006年の試合はやはり印象深い。

2点差以上の勝利が必要なグループステージ最終節。しかし相手は優勝候補のセレソン・ブラジレイラ。

しかもロナウド、ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョが先発というなかで、玉田圭司が決めた先制点は実に見事だった。前半アディショナルタイムに奪われたロナウドの同点弾がつくづく悔やまれる。

編集部S

Q. 編集部が思い出に残っているブラジル戦は?
A. 2001年のコンフェデレーションズカップ

試合日:2001年6月4日
スコア:日本代表 0-0 ブラジル代表
得点者:―――

インパクトでは2005年のコンフェデレーションズカップに勝るものはないが、思い出という意味ではあえて2001年大会のブラジル戦を挙げたい。

当時はサッカーに対して本格的に興味を持ち始めていた頃であり、自国開催のコンフェデでブラジル相手にドローという結果は日本代表にのめり込む大きな要因となった。

この時のブラジルにロナウドやリバウド、ロベルト・カルロスといったスター選手は不在だったが、「やけにアメリカジンっぽい名前の選手がいるなと思ったのがFWワシントン。まさか数年後、Jリーグでプレーすることになるとは…。