5日、捜狐は、日本のステルス実証機「心神」について、日本が第5世代ステルス戦闘機の製造能力を持ち得ないことを示す「汚点」になったとする記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年11月5日、捜狐は、日本のステルス実証機「心神」について、日本が第5世代ステルス戦闘機の製造能力を持ち得ないことを示す「汚点」になったとする記事を掲載した。

日本のネット上では、「心神」先月末に行われたの試験飛行がラストフライトになり、解体されるとの情報が出ている。記事はこの情報を「正式」と断定して伝えたうえで「2006年から神話扱いされてきた『心神』実証機は、想像していたような日本の第5世代戦闘機開発の幕開けを示すものではなく、日本が第5世代戦闘機の開発製造能力を持ち得るかを示した『汚点』とみなされている」とした。

その上で、「心神」に対する軍事専門家の分析を紹介する。専門家は「心神はそもそもちゃんとした第5世代戦闘機開発計画のもとで作られたものではない」と指摘。「日本はずっとF22戦闘機を日本で生産したがっていたが、米国にかたくなに拒まれた。そこで仕方なくATD−X実証機の計画を持ち出して米国に輸出を迫ったが、F22は生産を終了してしまった。そこで日本は自前の第5世代戦闘機をつくることになったのだ。きちんとした開発計画がなかったため、心神の製造には8年もかかった。しかも、完成から3年で32回しか試験飛行ができなかったのは、技術的な準備が足りないからだ」と論じている。

専門家はさらに「実際、心神の機体は小さ過ぎてすべてのRFセンサーを搭載することも、ウェポンベイを備え付けることもできない。F22A戦闘機のような空力形状を採用しているが、細かい設計が雑なため、思うようなステルス効果は発揮できないだろう」とし、「キャノピーやウインドシールドはT4練習機のデザインを流用しており、翼と機体の一体成型技術が採用されていない。このほかにも一部でほぼステルス処理されていない部分があり、日本自身も心神には大して期待していないことがうかがえる」と分析しているという。(翻訳・編集/川尻)