北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、署名入りの論説で「反米対決戦を総決算する」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「米国防長官と統合参謀本部議長が南朝鮮を訪ねてかいらいと共に『軍事的対応方案』に対する謀議を凝らしたのと時を同じくして、米原子力空母打撃団が朝鮮半島の周辺海域に集結した」と述べた。

つづけて、「すでに理性を喪失したホワイトハウスの老いぼれ狂人トランプがいつ、どの時刻に北侵核戦争の導火線に火をつけるかは誰も分からない」と指摘した。

また、「現情勢は、われわれが敵の悪らつな反共和国孤立・圧殺策動に対処して並進路線をよりしっかりとらえて自衛的核抑止力を全面的に強化していくことを切実に求めている」と強調した。

その上で、「わが軍隊と人民はいかなる天地風波が押し寄せ、万難試練が横たわっても、正義の核抑止力をしっかりとらえて自主的発展と富強・繁栄の広い道を開いていくであろう」とし、「情勢が厳しく、挑戦と難関が大きいほど、必勝の信念と不屈の攻撃精神でもって勇敢に立ち向かって反米対決戦を総決算するであろう」と主張した。