【詳細】他の写真はこちら

今年で3年目を迎える日本テレビ系の音楽番組『バズリズム02』が発信するイベント『バズリズム LIVE 2017』の2日目公演が、11月5日、横浜アリーナにて開催され、番組ゆかりのアーティストたちが競演を繰り広げた。

初日はシンガーやパフォーマーなど様々なラインナップだったが、2日目はバンド系。どちらかと言えば女性が多かった前日と比べると、この日は男性客も目立つ。いずれもご贔屓のバンドTシャツを着て、開演を今か今かと待ち構える。

オープニングアクトはLenny code fiction。迸るエネルギーを前面に押し出し、疾走感溢れる痛快なロックンロールを聴かせる。片桐航の粘質なボーカルに、ソラの弾くギターが矢のように突き刺さるコンビネーションが絶妙。「このあと、出演する素晴らしいバンドに追いつき追い越すために、日々努力していきます!」とコメントし、20分のステージを締めた。

ここでバカリズムとマギーのふたりがステージに登場。1組目のバンドを紹介し、バズリズムLIVE、2日目がスタート。

椎木知仁の「よろしく!」という第一声とともに大きな歓声が上がり、My Hair is Badのライブがフルスロットルで始まる。自らの言いたいこと、伝えたいこと、聞いてもらいたいこと、止め処なく溢れる歌詞をマシンガンのように放ち、全身全霊でぶつかってくる椎木の姿は鬼気迫り、その言葉一つひとつがオーディエンスのハートに刺さる。

圧巻だったのは中盤の「フロムナウオン」。ゆったりとアルペジオをつま弾きながら、魂の叫びを鋭い言葉の矢として降り注いだ。荒々しくも未来をしっかりと見据えた言葉を観客も息を詰めるように見守る。かつてのアジテーションフォークを彷彿させ、次第にすごみを増していくパフォーマンスは終始、客席を圧倒し続けた。

続いてはBLUE ENCOUNT。田邊駿一は「やばい! ちょーいい景色! ずっとここに来たかった!」と広い会場を見まわして感無量。「準備できてる? 始まるよ!」とトップギアで「Survivor」がスタート。「1曲目から楽しすぎるんだけど」と、早くも大興奮の田邊は、「いきなりだけど新曲やっていい?」と11月29日リリースのブランニュー・ナンバー「VS」を披露。あとは息をも尽かさぬ激しいアップチューンを次々に畳み掛けていく。

何よりもいいのは、メンバー全員がこのステージを心底、楽しんでいるという表情を臆面もなく発信するところ。「LIVER」では、後半の段取りが飛ぶほど、タオル回しに熱中して楽しんでしまったらしいが、「でも、音楽はそれでいいと思います!」とキッパリ。あくまでも観客と一緒に楽しむことがいちばん大事だという彼らの信条が人気の秘訣であろう。

また、、この日はアップチューンな曲中心の構成であったが、ラストには「俺にしか歌えない歌を歌います」と壮大なバラードナンバー「はじまり」を披露。田邊の驚異的なハイトーンボイスが、横浜アリーナの隅から隅まで響き渡ると、超満員の会場の観客はその声に酔いしれ、また同時に彼らの奥深いポテンシャルをも見せつけた。

ここで前日に引き続いて、アーティストとしてのバカリズム、「バカリズムと」。昨夜はバンドを従えて、当夜は7人のダンサーを引き連れてのステージ。曲は水野良樹(いきものがかり)と共作のメジャー第2弾の「白が人気」。金色のGretschのセミアコを抱え、首にはブルースハープをかけたバカリズムは、この日も多くの観客の期待をよそに、最後まで「オチ」なしの大真面目歌唱。本人も「歌ってて、お客さんの表情がすごく気になった」そうだが、「思い残すことありません、夢がかないましたよ」とソロミュージシャンとしてのパフォーマンスに大満足。

ここでいよいよ人気者、WANIMAが登場。バズリズムLIVEには3年連続出場で、初年度はオープニングアクト、昨年は1組目と、順調にステップアップしてきた彼ら。そのお礼か、冒頭KENTAはステージ左右の花道をダッシュしながらお菓子を投げ込むファンサービスを敢行し、恒例の「WANIMA開催しまーす!」のかけ声でステージがスタート。待ってました! と言わんばかりの歓声と拳を突き上げて観客はノリノリ。

1曲目が終わると、KENTAは観客におのおののスマホライトの点灯と着席を促す。客電が落とされた真っ暗な会場で、聴衆のそれぞれが点灯させたスマホを掲げ、最前列から順に席を立っていくと、前方から後方へ続く、1万を裕に超す光の海のウェーブが、感動的な光景となった。WANIMA渾身の人力演出だ。「このコーナーのために2曲削ってます(笑)」と話し、アップテンポの「ともに」、新曲「ヒューマン」へとなだれ込む。ここで、亡くなったKENTAの祖父の命日がタイトルとなった「1106」を想いを込めて歌い上げ、客席も静かに聴き入る。最後の2曲は再びのアップテンポで、会場が縦に横に大きく揺れそうなくらいに盛り上げて「来年もここに戻ってこれるように、みんなよろしくね!」と締めた。

オオトリは昨年同様、UVERworld。この日、誕生日を迎えたドラマーの真太郎が、横浜アリーナのキャラクター「ヨコアリくん」の被り物で登場しドラムソロでスタート。TAKUYA∞の『35分! たった8曲! 2100秒にすべてを込めるぞー!』で、会場にはレーザーが飛び交い「ナノ・セカンド」が始まる。「のっけからクライマックスのように行こうぜ!」との言葉どおり、1曲めから会場は総立ちでヒートアップ状態に。「一滴の影響」では、キャノン砲から金色のテープが勢いよく宙に舞い、場内の熱狂に拍車をかける。MCでは客席を煽りに煽るが、彼らの真髄は歌詞。地を這うようなヘヴィなサウンドに乗せ、TAKUYA∞は絞り出すように真摯に歌い込む。ステージのモニターには各曲の歌詞がグラフィカルに映し出される。彼らがいかに言葉を大切にしてるかの証左だ。

さらに彼らはオーディエンスをもパフォーマーに巻き込む。続く「IMPACT」では、要所要所で観客は拳を掲げ、オーっ! と唸るように声を上げる。広大なアリーナ全体が、ひとつのステージになったような一体感だ。最後は「後悔のない生き方を俺たちはこう呼んでます!」と、バラード「7日目の決意」で締めくくった。

と、ここで終わると誰もが思った感動のフィナーレのあと、ドラマー、真太郎がセンターに。「会場の皆さん、出演者の皆さん。本日は『バズリズムLIVE』という名の真太郎生誕祭のためにお集まりいただきまして、ありがとうございました!」とまさかの締めの挨拶。これにはバカリズムも「素敵な生誕祭でしたね!」と苦笑い。バカリズム、マギーとともに「寄り道しないで帰ってね! また、来年!」と送り出し、2日間で24,000人を動員したバズリズムLIVE2017すべてが無事終了した。

なお、この日のライブの模様は日本テレビ『バズリズム02』で12月1日深夜(一部地域で異なる)に、CS放送「日テレプラス」では12月23に放送を予定している。

<セットリスト>

■Lenny code fiction(オープニングアクト)

01.OPENIG

02.Showtime!!!!

03.Alabama

04.Key-bring it on, my Destiny-

05.世界について

■My Hair is Bad

01.アフターアワー

02.元彼氏として

03.真赤

04.告白

05.フロムナウオン

06.いつか結婚しても

07.音楽家になりたく

■BLUE ENCOUNT

01.Survivor

02.VS

03.LIVER

04.NEVER ENDING STORY

05.LAST HERO

06.もっと光を

07.はじまり

■バカリズムと

01.白が人気

■WANIMA

01.オドルヨル

02.ともに

03.ヒューマン

04.1106

05.THANX

06.Hey Lady

■UVERworld

01.ナノ・セカンド

02.WE ARE GO

03.一滴の影響

04.PRAYING RUN

05.零HERE〜SE〜、IMPACT/

06.Q.E.D.

07.ALL ALONE

08.7日目の決意

PHOTO BY 山内洋枝

『バズリズムLIVE 2017』公式サイト

http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/live2017