「おぎやはぎの『ブス』テレビ」は毎週月曜夜9時から放送/(C)AbemaTV

写真拡大

11月6日(月)夜9時からAbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」が放送される。

【写真を見る】CYBERJAPAN DANCERSのメンバーが貫禄のセクシー衣装で登場!/(C)AbemaTV

今回は、美人の気持ちを代弁する美人コメンテーターとして、“セクシー美ボディービキニギャルダンサー集団”CYBERJAPAN DANCERSからKANAEとKAZUEが登場。その他、大久保佳代子、ぱいぱいでか美もゲスト出演する。

冒頭では、スタイル抜群のKANAE&KAZUEに対し、おぎやはぎが「いい脚」「華やかだねー」「スタイルも抜群ですよ!」と容姿を絶賛。

CYBERJAPAN DANCERSとは何なのかについて「国内外のクラブとかフェスなどで、踊らせていただいているダンサーグループです」と答えた2人に対し、自称“ブス”メンバーからは「2人とも全部差し歯じゃないですか?」「整形されてる?」など、ひがみが止まらない。

最初のトークテーマ「こんなブスにクレームつけられました」では、街中・お店・学校などでブスがクレームをつけている目撃談が続々と。

大久保は「ブスは警戒心が強い」とし、わたなべるんるんも「人の良いところが見えない」、その他にも「マイナスから始まる」「最悪のことを考えておけば、何があっても耐えられる」など、目撃談を聞く前から、自称“ブス”からさまざまな意見が上がった。

そして街の人たちからは、ブロッコリーが売り切れてクレームをつけてきた「ブロッコリーブス」、前髪を切り過ぎてクレームをつけてきた「顔デカブス」、寒いから席を替えてとクレームをつける「空調ブス」など、衝撃の目撃談が飛び出す。

スタジオでは矢作兼が「愛想笑いがうまいよね、美人って」と発言したことで、ブスと美人の“愛想笑い問題”もぶち上がる。

その他、「ブスだからってキスをサボらないで欲しい」というテーマでは、いよいよキスという時に、ブスはキスをおざなりにされてしまうことがあるそうで、キスにまつわるこだわりや要望を自称“ブス”メンバーに聞いていくことに。

すると「キスをするか、しないかのドキドキする時間が欲しい」「リードしてほしい」「口周りをビチャビチャにされるのはNG」など、思わず笑ってしまうようなエピソードが語られる。