最近は国際ブランド付きのプリペイドカードが増えてきました。火付け役は何と言ってもau WALLETプリペイドカードです。クレジットカードではないため審査は不要。自分でチャージした金額しか使えないので、クレジットカードのように使いすぎる心配もありません。そんな中、アプリで登録すればすくに発行できるプリペイドカードも誕生。詳しく説明しましょう。

写真拡大 (全2枚)

ネットショッピングで便利なプリペイドカード

ネットショッピングで便利なのがクレジットカードです。多くのサイトでクレジットカードやコンビニ払い、銀行振込、代引きなどで商品を購入できますが、代引は手数料が必要、銀行振込は振込手数料が必要な場合もあります。コンビニ払いは手数料がかからないことも多いですが、商品到着後に支払いに行く必要があります。一番便利なのがクレジットカードです。

しかし、クレジットカードは使いすぎる心配もあるため作りたくない、審査が通らなかった、という人もいるため、誰でも使えるものではありません。そんな時に便利なのが国際ブランド付きのプリペイドカードです。

使える場所はほぼクレジットカードと一緒

プリペイドカードとクレジットカードの違いは、事前チャージ型か後払い型かの違いです。プリペイドはSuicaなどの交通系ICカードと同じように、事前にチャージが必要です。一方、クレジットカードは後払い式となります。

国際ブランド付きのプリペイドカードは、MastercardやVisa、JCBなどの国際ブランドが付いています。VisaやMastercardのロゴがあるお店であれば、プリペイドカードでも利用が可能です。もちろん、ネットショッピングなどでも利用できます。

ただし、一部の店舗ではクレジットカードは利用できるが、プリペイドカードは利用できないという場合もありますので注意しましょう。


即時発行できるタイプも

プリペイドカードは事前に入金してチャージした範囲内で利用するため、審査は不要です。クレジットカードのように使いすぎる心配もありませんし、審査が通らないという心配もありません。中にはアプリで即時発行できるタイプも出てきました。

例えば、バンドルカード。アプリをインストールし、ユーザーIDやパスワード、電話番号、生年月日、性別を登録すると、電話番号にSMSで認証情報が送られます。こちらをアプリに登録すると、すぐにVisaのカード番号が表示できます。3分あればカード発行できるでしょう。

このカード番号を使って買い物ができますが、チャージしなければ利用できません。チャージはコンビニ、クレジットカード、ドコモのケータイ払い、ネット銀行からの振り込み等に対応しています。

コンビニでチャージすれば、クレジットカードを持っていなくてもVisaカードを発行でき、ネットショッピングなどでも使うことができて便利です。ただし、実際の店舗でVisaカードを使いたい場合、リアルカードの発行は有料ですので注意しましょう。
(文:菊地 崇仁)