W杯予選“突破後”の日本代表と「海外遠征」 過去3大会に見る強化策の成果とは?

写真拡大 (全3枚)

本大会の約1年前から始まる“世界”を見据えた強化 歴代の日本代表はいかなる道を歩んだのか

 ワールドカップ(W杯)予選終了後の強化スケジュールは、大会を追うごとにかなり限られたものとなっている。

 アジア予選がホーム&アウェーのレギュレーションとして定着し、W杯本大会の前年夏または秋までアジアでの戦いに時間が費やされるからだ。そして近年は、代表戦を組める国際Aマッチデーの回数も減っている。

 ここでは、過去3大会の「アジア予選終了後」から「本大会メンバー発表」までの間に行われた「海外遠征」を振り返りながら、W杯に向けた強化の意義を探っていきたい。

▼2006年W杯(予選終了:05年8月)
05年10月8日 vsラトビア(△2-2)
05年10月12日 vsウクライナ(●0-1)
06年2月10日 vsアメリカ(●2-3)
06年2月28日 vsボスニア・ヘルツェゴビナ(△2-2)

 2006年のドイツW杯へ向かっていくジーコ監督は、テストマッチで“12番目以降の選手”を見定めていった。05年6月のW杯予選突破直後に行われたコンフェデレーションズカップで、欧州王者ギリシャを1-0で下し、ブラジルと2-2で引き分けたことで、ジーコ監督はチームのクオリティーに一定の満足感を得る。同年9月以降はチームの完成度をさらに高めつつ、バックアップ層をテストしていくのである。

 ラトビア、ウクライナとアウェーで対戦した10月には、MF松井大輔とFW大久保嘉人のフィット感を確認した。ウクライナ戦ではCBのバックアップ候補として、国内組のDF箕輪義信を先発で起用している。

岡田監督が探った二人のレフティーの共存

 W杯イヤーの2月に敢行したアメリカ戦では、FW久保竜彦のコンディションを確認した。怪我からの回復過程にあった“左の大砲”の復活を待ち続ける指揮官は、2月下旬のボスニア・ヘルツェゴビナ戦でも久保をスタメンで起用する。ドイツを舞台とする一戦は海外組を含めたチームの最終的なテストの場だったが、久保のコンディションはなかなか上がってこない。

 こうしたプロセスを経て、ジーコは大久保でも久保でもなく、3月に国内で開催されたエクアドル戦(1-0)で決勝点を決めたFW佐藤寿人でもなく、2月のアメリカ戦でゴールを奪っていたFW巻誠一郎に辿り着いたのだった。

▼2010年W杯(予選終了:09年6月)
09年9月5日 vsオランダ(●0-3)
09年9月9日 vsガーナ(○4-3)
09年11月14日 vs南アフリカ(△0-0)
09年11月18日 vs香港(○4-0/アジアカップ予選)

 南アフリカW杯へ向かっていく前年の秋に、チームはオランダへ遠征した。岡田武史監督の下で08年1月から29試合を消化してきたが、そのうち22試合がアジア相手の公式戦とテストマッチで、欧州や南米相手のテストマッチもすべて国内で行われてきた。「W杯ベスト4」を目標に掲げるなか、敵地でのオランダ戦はチームの現在地を知る機会と位置づけられた。

 真っ向勝負を挑んだ一戦に戦力的なテストの要素はなかったが、唯一の例外はMF本田圭佑だった。VVVフェンロで好調を維持する当時23歳のレフティーは、W杯最終予選突破の立役者にして大黒柱の中村俊輔と共存できるのか。オランダ戦に続くガーナ戦や11月の南アフリカ戦も含めて、岡田監督は二人のレフティーの起用法を検討していくのである。

 南アフリカ戦については、W杯へのシミュレーションでもあった。03年10月のチュニジア戦以来となるアフリカ大陸でのテストマッチは、試合内容や結果と同じくらいにスタジアムの雰囲気を体感することに意味があった。

欧州遠征での活躍で14年W杯の主力に名乗り

▼2014年W杯(予選終了:13年6月)
13年10月11日セルビア(●0-2)
13年10月15日ベラルーシ(●0-1)
13年11月16日オランダ(△2-2)
13年11月19日ベルギー(○3-2)

 アルベルト・ザッケローニのチームも、W杯前年の10月に欧州で試合を組んだ。セルビア、ベラルーシとのゲームは内容的にも見どころがなく、チーム内の空気が硬直する。それでも、11月にオランダと2-2で引き分け、ベルギーに3-2で勝利したことにより、チームは自信を取り戻すことができた。

 オランダ戦でFW大迫勇也が、ベルギー戦ではFW柿谷曜一朗がゴールをあげ、ブラジルW杯の1トップ候補に名乗りをあげた。また、MF長谷部誠とダブルボランチを組むパートナーとして、MF山口蛍が評価を高めたのも11月の2試合である。

 15年3月の就任から間もなく、ロシアW杯アジア予選に突入したバヒド・ハリルホジッチ監督のチームは、世界のトップ・オブ・トップと一度も対戦できないまま現在に至っている。アウェーでのテストマッチはアジアの国に限られ、W杯本大会で過去1分3敗(10年W杯パラグアイ戦のPK負けは引き分け)と勝利のない南米勢とは、ハビエル・アギーレ前体制下の14年10月に行われたブラジル戦(0-4)を最後に対戦がない。

 それだけに、ブラジル、ベルギーと顔を合わせる今回の欧州遠征は、世界における立ち位置を知る格好の機会だ。発表されたメンバーには本田、FW岡崎慎司、MF香川真司らの名前がなかったが、経験の少ない選手や初招集の選手が可能性を感じさせるパフォーマンスを発揮することで、ロシアW杯へつなげてほしいものである。

【了】

戸塚 啓●文 text by Kei Totsuka

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images