6月29日、米ワシントンで行われた夕食会に出席した文大統領(左)とトランプ大統領=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領が7〜8日、国賓として韓国を訪問する。7日に青瓦台(大統領府)の迎賓館で行われる文在寅(ムン・ジェイン)大統領との夕食会では両国の同盟関係が継続することを願う意味を込め、「軽騎兵序曲」が演奏される予定だ。

 アジア歴訪中のトランプ大統領夫妻は日本訪問を終え、7日正午ごろに韓国に到着。ソウル近郊の京畿道・平沢にある在韓米軍基地を訪問した後、青瓦台で行われる公式歓迎式に出席する。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と少人数会談と拡大会談を行った後に共同記者会見を開き、文大統領夫妻が主催する夕食会に臨む。

 青瓦台によると、夕食会は文大統領夫妻がトランプ大統領夫妻を迎賓館1階で出迎える。出席者とのあいさつ、米国国歌と韓国国歌演奏、文大統領の乾杯の音頭、公演などの順で進められるという。

 午後9時ごろから始まる公演では韓国人女性指揮者のヨ・ジャギョン氏が指揮を執り、KBS交響楽団が軽騎兵序曲などを演奏する。同曲を選曲したことについて、青瓦台関係者は「両国関係でしっかりとした行進が続けられることを望む意味」と説明した。

 また、来年で誕生100年を迎える米国の名指揮者レナード・バーンスタインの曲も演奏される。

 ピアノ演奏者のチョン・ジェイル氏と若手の国楽(韓国伝統音楽)家のユ・テピョンヤン氏による共演も披露される。

 歌手パク・ヒョシン氏は自作曲の「野生花」を歌う。青瓦台関係者は「野生花はK―POPバラードの代表曲の一つで、野生花は苦難と苦痛の中で美しい花を咲かせる」として、「両国もこれまでの困難を乗り越え、野生花のように美しく花を咲かせることを望む思いで選択した」と述べた。

 夕食会には両国から計約120人が招待される。韓国側からは丁世均(チョン・セギュン)国会議長や李洛淵(イ・ナクヨン)首相らの政府関係者や財界、スポーツ界、両国関係発展に取り組んできた関係者らの計約70人が出席する。米国側からはマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)やティラーソン国務長官ら計約50人が参加する。