住宅ローン返済中にやむを得ずその物件を手放さなければならない場合、売却は可能なのでしょうか。そして残債はどのように処理すればいいのでしょうか。今回の無料メルマガ『「教養」としての不動産取引』では著者で不動産活用コンサルタントの楯岡悟朗さんが、具体的なケースを挙げつつ詳しく解説しています。

住宅ローン返済中に不動産を売る方法

長期に渡って住宅ローンを組むということは、返済期間と同じ位、住み続ける予定でいるはずです。しかし、予定が現実化する人ばかりではありません。せっかく手に入れたマイホームを、ポジティブ・ネガティブな理由を問わず、やむを得ず手放さなくてはならない人も多くいます。

売りたいと思ったときに、ローンが残っていなければいいのですが、もちろんそんな人たちばかりではありません。住宅ローン返済中だけれども、売却しなければならない時どうすればよいのでしょうか?

ローン返済中の不動産を売ることはもちろん可能です。ただ、売るためには新しい買い手に引き渡しをするときまでに残っているローンを全額返済しなければなりません。以下のようなケースの場合は問題ありません。

売却価格:3,000万残債:1,500万売却益:1,500万

買い手から売却代金を受け取ったタイミングで、全額返済することができ、なおかつ1,500万の売却益が手元に残ります。

反対に以下のケースの場合は注意が必要です。

売却価格:3,000万残債:3,500万売却損:500万

ローンの残りが3,500万として、3,000万でしか売れなければ、完済するためには500万足りません。この500万をどこからか調達して、売却代金と併せて金融機関に返済しなければならないのです。500万を用意できればよいのですが、用意できなければいくら売りたいと思っても売れません。

上記の例をもとに、買い替えのケースを考えてみましょう。

500万を用意できなければ売ることは出来ません。しかし、買い替えという方法を取ることで、売却は可能となります。全額返済するために必要な500万を、新規に購入する物件のローンに上乗せして借りるのです。つまり、4,000万の物件を新規購入するローンに500万を上乗せし、4,500万のローンを新しく組み直すということです。

ただし買い替えは、新しい物件の購入前提のプランです。単純に売却だけしたい、という人は全額返済するために必要な額を用意するしかありません。

まとめ

返済中に売却を検討し始めるなら、まずは不動産会社に査定を依頼しましょう。

しかし査定というのは、あくまでも「いくらくらいで売れるだろう」という過去の成約事例や現在の売り出し事例をもとにした「予測・予想」に過ぎません。

また査定の精度によって、提示される査定金額も異なります。100%売れるという金額は買取価格しかありません。あくまでも予想ですが、「7割、8割の確率で売れる金額=査定価格」と私は定義していますが、すべての不動産会社がそのような定義の元、査定金額を提示しているわけではありません。売却の依頼(*媒介契約)を取るために、相場を無視した高い金額を提示するお行儀のよろしくない不動産会社も存在します。

売却を依頼したとしても、売却の取り下げはいつでも可能です。しかし、気軽に売却に出したことで、今後の返済計画や将来設計に影響を及ぼす必要もあります。ローン返済中に受ける査定には十分ご注意ください。

MAG2 NEWS