犬の運動不足で起こるリスク

犬はしっかり体に見合った運動をしなければ、運動不足になってしまいます。運動不足を軽く見てしまう飼い主さんが少なくありませんが、実は運動不足によって引き起こされるリスクは多くあります。

では、運動不足によってどのようなリスクが起こるのか見ていきましょう。

1.ストレスが溜まる

まず考えられるリスクとして、犬の体や性格に見合った運動をしていないと、ストレスが発散できないためストレスが溜まっていくことが考えられます。まず最初に現れる運動不足の兆候と言えるでしょう。

ストレスが溜まってしまうことでどのような症状が生じるのかと言いますと、体調を悪くしてしまったり、前足を舐め続けるなどの行為を続け、この行為が続いてしまうことで自傷行為に至ってしまうこともあります。

またストレスを溜めてしまうと自傷行為意外にも問題行動を起こす原因となってしまいますので、注意が必要です。

2.肥満

食べてはいるけれど、それに見合った十分な運動をしていなければ、犬でなくても肥満になってしまいますよね。

肥満というのは多くの方が知っているように、健康を保つ上で障害となってしまいます。肥満になることで体重が増加し、自分の体を支えきれずに転倒してしまうなどの怪我の原因となる恐れもあるのです。

また、犬種によっても脂肪がつきやすい犬種があるため、犬種によっては体格が小さくても運動量を多くしなければいけません。

3.足腰が弱くなる

運動をしていないということは、必要な量を動いていないということに繋がります。特に大型犬の場合にはたくさんの運動量が必要となるのですが、その犬の体型に見合った運動をしていないと、将来的に足腰が弱くなり、歩けなくなってしまうリスクが生じます。

小型犬でも運動をしていなければ、足の筋肉が衰えてしまうため、今は症状が出ていなくても、将来的に考えると体を支えることが難しくなってしまう可能性が高まるのです。

4.心臓に負担が掛かる

運動不足になると余分な脂肪が体に付いてしまう肥満体質となってしまうことは、先ほどお話しいたしました。それに伴い、体内脂肪と呼ばれる見えない部分にも脂肪が付いてしまい、心臓などに負担をかけてしまうリスクが生じるのです。

心臓だけでなく呼吸器にも脂肪は付くため、脂肪に圧迫され、呼吸をすることが困難になってしまう恐れもあるので、軽く見ていると死亡リスクが高まる恐れもある怖い症状です。

心臓に脂肪が付きすぎてしまうと心臓に関する病気を患ってしまうリスクも高くなる上、心臓病にかかってしまった時のリスクも高くなりますので、日頃から適度な運動をし、健康を保ってあげることがとても重要です。

5.手術時のリスクが高くなる

そして肥満というのは手術をする際に障害となり、手術によるリスクが高くなってしまう原因にもなります。

どんなに今まで健康だった犬であっても、病気や怪我になる可能性は十分あります。特に肥満になっている場合、健康面が決して良いとは言えないため、手術が必要となる病気にかかってしまう可能性が高いです。

しかし肥満だと手術をする際に使用される麻酔量のコントロールが難しくなり、副作用を引き起こしてしまう恐れがあり、最悪の場合、死に至ってしまうケースもあるのです。

犬の運動不足を解消するためには?

「うちの子、少し運動不足気味かも…」と感じているのであれば、すぐにでも少しずつ運動量を増やしてあげることが必要です。

まずは日々行っている散歩から見直すことが大事です。いきなり長時間、長距離の散歩をしてしまうと返って体に負担が掛かってしまうため、徐々に増やしていくようにしましょう。

小型犬の場合、行かなくても良いと考えている人もいますが、散歩は運動不足解消になるだけでなく、ストレス発散にも繋がるため、なるべく少しでも毎日1回行ってあげるようにすると良いです。

散歩をするということに慣れてきたら、広い場所に連れて行き、一緒に軽く走ってみるのもおすすめですよ!

そして家の中ではおもちゃを使って体を動かすこともできます。縄のおもちゃを使って引っ張り合うことでも少しの運動になりますし、ボールを使って廊下で投げ、取りに行かせるのも良い運動になります。

最近では多くのドッグランが全国にオープンしているので、ドッグランに連れて行ってあげるのも気分転換にもなるのでおすすめです。

まとめ

「ただの運動不足」と考えてしまうと、高齢になってからのリスクが高まるだけでなく、ストレスが溜まってしまうなどの様々なリスクが生じてしまいます。

運動不足にならないよう管理してあげることも飼い主としての義務の1つです。ぜひ愛犬に合った運動量を提供してあげられるように、今日から少しずつ始めてみましょう。