日本に初めて「ランボルギーニ400GT」が輸入されてから50周年を迎えたメモリアルイヤーイベント、「Lamborghini Day 2017」が去る10月20日(金)に東京・港区芝公園の東京プリンスホテルを会場に開催された。

本イベントにはアウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリやジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使が出席。秋フランクフルトモーターショーでワールドプレミアとなった、Aventador S Roadster(アヴェンタドールSロードスター)がアジアデビューを飾った。しかも、同会場でサプライズ披露されたのは、日本向の限定車「Aventador S Roadster 50th Anniversary Japan」である。

 

これは日本文化の五大元素(水・地・火・風・空)にそれぞれ着想を得た色や仕上げが施され、ワンオフで5台限定生産されたスペシャルモデル(税抜6800万円/5台とも完売)である。今回の東京で初披露された「水」モデルは、10人のアドペルソナムのスペシャリストが170時間かけて実現した青が黒に変化していく塗装が施され、フロントガラスのフレームには剝き出しのカーボンファイバーが使用されている。

内装にはNero Adeの黒レザーとNero Cosmusの黒アルカンターラを使用。漢字の「竹」をイメージさせるシートとハードトップの刺繍が特徴的で、ステッチの色は外装に合わせ、6人のアドペルソナムのスペシャリストが100時間かけて陰影とグラデーションを再現。ボディと同じカラーとグラデのスタート&ストップボタンのカバー、モデル名の由来である五大元素の漢字が描かれたリアのヒートシールド中央のカーボンファイバー製六角形プレート、そしてドライバー席側のフロントピラーの下には「Opera Unica(ワンオフ)」のプレートが取り付けられる。

 

また、今回第2回目となる「ランボルギーニ・デイ・コンクール・デレガンスTokyo」も開催され、ミウラSVやミウラ、ディアブロ、カウンタックなど歴代のランボルギーニの クラシックカー総勢約50台が参加。国際的な顔ぶれから成る13名の審査員が、8つのクラスに分けられた各時代を代表するモデルを選出し、「ベスト・オブ・ショー」には1976年のオレンジのカウンタック(カーシリアルナンバー:1120186)が選ばれた。

さらに、クラシックカーとは別に、パーティーへは100台以上のランボルギーニが イベントへ集まり、その中からアヴェンタドールやウラカン、ガヤルドなど70台を超えるランボルギーニが東京の中心部である東京タワー・銀座・桜田門周辺のパレードランに参加し、イベントに華を添えた。