画像提供:マイナビニュース

写真拡大

渋谷区と日本マイクロソフトは11月4日、LINEを使ったAI会話アカウント「渋谷みらい」を公開した。同日、渋谷区は渋谷みらいに特別住民票を発行。特別住民票の写しが、渋谷区のWebサイトにて閲覧、ダウンロード可能となっている。

渋谷みらいは、LINE上で友だちになると会話ができるようになる人工知能(AI)キャラクター。設定では、小学1年生のおませな男の子で、趣味は写真撮影と人間観察だという。渋谷区の話題に精通しており、LINEのトークでは、渋谷区に関する会話が楽しめる。また、ユーザーがLINEのトーク上に顔写真を送ると、モヤイ像風に加工してくれる。

顔の表情は、渋谷区主催のイベントで撮影した渋谷区民の写真を合成して作っており、今後も渋谷区の「今」を象徴するものとして成長、変化していくとしている。