「シャネル 銀座並木」 イメージ画像

写真拡大

 1994年に日本で初めての路面店としてオープンした「シャネル 銀座並木」が、12月1日にリニューアルオープンする。
 「シャネル 銀座並木」は、約3年弱の期間を経て9階建てのビルとしてリニューアル。設計は建築家のピーター マリーノが手掛け、シャネルを象徴するブラックやホワイト、ベージュ、ゴールドといったカラーが取り入れられる。マットな質感のブラックとホワイトのコントラストが特徴的なパネルで彩られた外観のファサードには、オープニングを記念して2カ月間限定でアーティストの向井修二のアートワークが施される。
 1階はバッグとアクセサリー、2階はシューズとアクセサリー、3階はプレタポルテやバッグ、ウオッチ、4階は最新のプレタポルテコレクションなどが並び、8階には日本初となるシャネルのトリートメント サロン「ル サロン ボーテ」がオープン。リッツ パリの「シャネル オ リッツ パリ(CHANEL au Ritz Paris)」と同様に、フェイシャル&ボディ、フェイシャル、ボディのトリートメントプログラムが提供される。価格帯は税別2万8,000円〜5万4,000円。このほか、9階ではプライベートアポイントメントや特別なイベントなど、多目的に使用される空間「ル サロン プリヴェ」を設置する。
 また、各フロアには芸術に深い造詣と関わりを持ったマドモアゼル シャネルの理念を受け継ぎ、アンソニー ピアソンによるブロンズのレリーフをはじめ、ハインツ マックの水墨画、グレガー ヒルデブラントやローレンス キャロルによる絵画など、さまざまな国のアーティストによるアートピースが飾られる。