アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

GP鮮烈Vデビューの“美しき超新星”…米デザイナーが衣装を絶賛「アメージング!」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯はシニアGP初戦となった15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が圧巻のVデビューを飾った。“美しき超新星”の実力は演技にとどまらず、アメリカのファッションデザイナー、ニック・ベレオス氏が「天才アリーナ・ザギトワ」「主役のバレリーナのよう」と衣装について絶賛している。

 ザギトワは中国杯で鮮烈なVデビューを飾った。4日に行われたフリー。ショートプログラム(SP)4位だった15歳は、3回転ルッツ―3回転ループの高難度な連続ジャンプを決めるなど、演技後半に固めた7本のジャンプをほぼノーミスで着氷。シニア1年目とは思えない完成度の高さを披露し、日本の樋口新葉ら実力選手を抑えて優勝を勝ち取った。

 しかし、その魅力は演技にとどまらなかったようだ。フィギュアスケートの衣装の評論でファンにも知られるベレオス氏は、自身のブログで今大会がGP初戦だった選手の衣装を分析。その中でザギトワの装いについて「OK、最初に言わせて。アリーナはアメージング!! すべての女子フィギュアスケーターは注視すべき!」と絶賛している。

 まずは、銀と黒を基調にしたシックな装いだったSPの「ブラックスワン」について「最高に美しいスパンコールとチュールのデザインを着こなしていた」と評価。「ハンドカットのバレリーナ・チュチュ、銀と黒のパイエット、腕のスリーブの細部すべて…まさにフィギュアスケート界における高級服だ」と舌を巻いている。

抜群のスタイルで着こなす15歳「あの彼女ならゴミ袋すら、赤と金に仕上げられる」

 そして、打って変わって赤を基調にした華やかな衣装となったフリーの「ドンキホーテ」について「天才アリーナ・ザギトワにはエクセレントなコスチュームが見て取れた」と言及し、「この絶対的に美しいコスチュームを身にまとった彼女は、まさに主役のバレリーナのようだった」と手放しで称えている。

 長い手足と抜群のプロポーションで衣装を着こなしているザギトワ。最後は「あの彼女ならたぶんゴミ袋ですら、赤と金に仕上げられているかもしれない」とまでベレオス氏は分析している。

 02年生まれの15歳。ジュニア時代から美貌の天才少女として注目を浴び、3月のジュニア世界選手権で1歳上のライバルだった2位・本田真凜を破って優勝するなど、ポテンシャルは世界から注目されていた。インスタグラムでは羽生結弦、メドベージェワらとの2ショットを楽しげに上げ、幼さものぞくが、リンク上では圧倒的な存在感を放っていた。

 演技のみならず、その美しさを引き立てる衣装をまとい、銀盤を舞っているザギトワ。GPファイナル進出の可能性はもちろん、平昌五輪でも自国の女王メドベージェワとともに躍進に期待がかかる。さらに注目は高まっていきそうだ。