彼氏ができても、いつも長続きすることができずに、すぐに終わりを迎えてしまうことが多い。

それは、偶然ではなく原因があるのかもしれません。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は“長続きしないカップルがやりがちなこと”をご紹介いたします。

 

■「ルール」を作りすぎる

“ふたりだけのルール”にあこがれる人もいるでしょう。

“ふたりだけの世界”ができる感じがして、より仲良くなれそうな気がしますよね。

ただし、やはり限度というものはあります。

“毎日必ず連絡をする”、“週末は絶対に一緒に過ごす”、“異性との飲み会には行かない”など、ルールをたくさん作りすぎると、そのルールに縛られてしまうことも。

それではお互いに息苦しくなり、付き合うことが苦痛に感じてしまうため、ルールはほどほどに設定するのが肝心です。

 

■「連絡」が多すぎる

付き合いたての頃は、常に一緒にいたいでしょうし、いつでも連絡を取り合っていたいという思いにもなるでしょう。

けれども、それをいつまでも続けてしまうと、だんだん面倒になってしまうかも。

用件もないのに、LINEでなんでもない会話をするのが苦手な男性は多いようです。

毎日たくさん連絡がくると、そのストレスで気持ちが冷めてしまうこともあります。

連絡をとるペースは、ふたりで話し合って“お互いにとって心地よい頻度”を考えることで、それぞれの不満を解消できるはず。

 

■ふたりに「温度差」がある

付き合っていることに対して、ふたりの気持ちに温度差がありすぎるのも、長続きしない原因になってしまいます。

同じようなテンションで交際をすることができないと、お互いに不満を抱える結果になってしまうでしょう。

どちらか一方が自分の思いをぶつけすぎると引かれてしまいますし、冷めすぎていると愛情を感じてもらえません。

相手が恋愛に対してどういうスタンスの人なのか、そしてそれが自分のスタンスと合うのかは、付き合っていくうえで話しておきたいことの一つです。

 

■「本音」を言うことができない

恋人に嫌われたくないという思いから、自分の素直な気持ちを言えなくなってしまうこともあるでしょう。

ですが、そうやって不満を溜め込んでしまうと、結局はそれがストレスになってしまいます。

不満な点は少しずつでいいので吐き出すようにしないと、いずれ気持ちが爆発してしまうかも。

ただ、「そういうのやめてよ」ときつく言うのではなく、「こうしてみるのはどう?」などと提案するように言ってあげると、彼氏のほうも接し方を改善するよう努力してくれるかもしれません。

 

いつも交際が長続きせずに終わってしまう女性は、今回紹介したポイントに当てはまる部分がないか、チェックしてみてください。当てはまった部分を改善するだけでも、恋愛の仕方にも少しずつ変化が訪れるはずですよ。

【画像】

※ Africa Studio/shutterstock