松坂屋上野店南館建替プロジェクト「上野フロンティアタワー」開業

写真拡大

 東京・上野広小路の松坂屋上野店南館建替プロジェクト「上野フロンティアタワー」(地下2階、地上23階、塔屋1階)は、さる11月4日(土)に全館開業した(建築主:(株)大丸松坂屋百貨店、設計:(株)三菱地所設計、(株)竹中工務店)。

 「上野フロンティアタワー」は、地下1Fを“街歩きを楽しむ女性のためのフロア”とし、松坂屋上野店の婦人靴売場等を配置。1〜6FはPARCO、7〜10Fは「TOHOシネマズ」、高層部の12〜22階はオフィスという構成となっている。

 パルコは、全国16店舗のPARCOと一線を画し、「ともだちを誘いたくなるちょっとおしゃれな大人のたまり場」をコンセプトに、全68テナントで構成する「PARCO_ya」を新展開。また、台東区初のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ上野」では、秋葉原徒歩圏内の立地を生かし、アニメファンからも支持される上映ラインナップを全8スクリーン、1400席にて提供していくという。さらに、オフィスフロアは、事務所床面積約11700平米。「上野の杜」をコンセプトに、東京スカイツリーと上野の街を一望するパノラマビューが特徴となっている。なお、Jフロントリテイリングでは、店舗を核にエリアの魅力を最大化し、地域とともに成長するアーバンドミナント戦略の一環として、「上野フロンティアタワー」「松坂屋上野店本館」、大丸松坂屋百貨店が所有する周辺店舗を総称して「シタマチ.フロント」と命名して、新しい下町文化の創造と再活性化をリードする存在となれるよう情報を発信していきたいとしている。また、今後は、2019年に渋谷PARCOと大丸心斎橋店新本館の開業を予定している。

 なお、「PARCO_ya」には、インテリア関連として、UNICO、HACOAなどが出店。中でも、アパレルのURBAN RESEARCH DOORSは、5Fフロアのうち256坪のスペースに、魅力的なワードローブやコスメ、食料品、雑貨等々、グループの全カテゴリーからセレクトしたアイテムを展開、家具のフルラインナップを展示し、注目されている。