日本カーペット工業組合は、「第36回JAPANTEX 2017」(会期:11月15日(水)〜17日(金)/会場:東京ビッグサイト東ホール)に有志20社・団体で共同出展し、「カーペットはすばらしい」というテーマのもとでカーペットの良さを体感できる展示を行うほか、昨年に引き続き、会期2日目にメインステージにてトークセッションを行う。

 体感コーナーのテーマは「踏み心地」。カーペットがフローリングに比べてどれだけ踏み心地、歩行感が良いかを感じてもらう。また、トークセッション(11月16日(木)11時開始)では、住宅設計のプロ、小坂康充氏(大和ハウス工業(株)商品開発部)と南部昌亮氏(フォワードスタイル(株)社長)をゲストパネリストに迎え、「住宅設計に聞く 住まい、そしてその部材のあり方」と題して行う。司会は堀田将矢氏(堀田カーペット蠎卍后砲務める。

 なお共同出展者は、川島織物セルコン、サンケミカル、住江織物、スミヨシ、田島ルーフィング、トーア紡マテリアル、東リ、東レ・アムテックス、日本敷物製造、日本絨氈、長谷虎紡績、堀田カーペット、村上敷物、山本産業、吉田房織物、IICRC JAPAN、日本省力機械、比楽紡績、ヤマトボウ、英国羊毛公社日本支部(順不同)。