<米政府は、北朝鮮の核兵器はおろか生物化学兵器がどこにどれだけあるかも把握していない>

北朝鮮の核武装を完全に解除するには、米軍が地上侵攻するしか選択肢がない──米軍の最高機関である米統合参謀本部の見解だ。

民主党の上院議員で元軍人のテッド・リューとルーベン・ガレゴは9月下旬、ジェームズ・マティス米国防長官に宛てた書簡で、米朝戦争になった場合の詳しい被害予測を発表するよう要求。北朝鮮に対する米軍の軍事力行使に対し、深刻な懸念を示した。

「北朝鮮との戦争でどれほどの被害が出るのか、アメリカ人に説明する義務がトランプ政権にはある」とリューは言った。「今後北朝鮮で軍事衝突が起きれば、アメリカは核保有国との戦争に突入するということを、アメリカ人は理解する必要がある」

マティスは10月27日、米統合参謀本部議長室を通じてリューに文書で回答し、本誌もその回答を入手した。「北朝鮮が開発した核兵器や関連施設をすべて発見し、完全に破壊するためには、地上侵攻しか方法がない」と、米海軍のマイク・ドゥモント少将はその中で書いていた。

地上侵攻しかないと米軍が断言したのは初めてだと、リューは言う。リューが懸念するのは、シリアのバシャル・アサド政権の化学兵器庫を標的にトランプがミサイル攻撃を指示した4月のように、北朝鮮の核兵器も遠隔地からのミサイル攻撃で簡単に無力化できるという誤解が蔓延していることだ。

神経剤、血液剤、窒息剤......

「北朝鮮問題でアメリカが抱える課題の1つは、金正恩政権の内部情報がほとんどないことだ」とリューは言う。そのため、核兵器や通常兵器の保管場所を正確に把握するのは難しい。北朝鮮の核兵器や核施設を完全に破壊するためには地上侵攻が不可避だ、と米軍が主張しているのもそのためだ。

ドゥモントは回答のなかで、「通常兵器または核兵器による犠牲者数を予測するのは困難」とし、被害予測の具体的な数字は示さなかったが、生物化学兵器の使用の可能性には言及した。「戦争になれば、北朝鮮は生物兵器の使用を考慮する恐れがある」「北朝鮮はこれまで、神経剤、びらん剤、血液剤、窒息剤などの化学兵器を大量に製造してきた。そうした化学兵器を備蓄しているもようだ」

米ブルッキングズ研究所北東アジア政策研究センターの推定では、北朝鮮は2500〜5000トンの化学兵器を保有している。今年の2月、マレーシアで金正恩の異母兄・金正男を殺したVXガスも大量にある。

イギリスの英特殊武器(CBRN)連隊の司令官だったハミッシュ・ド・ブレトンゴードンは、北朝鮮にはVXが5000トンあると言う。「そしてたぶん一度に500キロのVXを搭載したミサイルを6000キロ〜1万キロ先へ飛ばす技術もある。犠牲者は数万人規模にのぼる可能性もある。

ジョン・ホルティワンガー