11月10日のブラジル戦で着用予定。オンラインストアでは本日より先行発売中だ。

写真拡大 (全3枚)

 11月6日、ついにサッカー日本代表のホームユニホームがアディダスより発表された。そのコンセプトは勝利への魂で染め上げた【勝色(かちいろ)】だ。
 
 今回6大会連続で出場するワールドカップで戦うにあたり、勝利への魂で染め上げた【勝色】をベースカラーに採用。日本の伝統色である深く濃い藍色である【勝色(かちいろ)】は、戦国武将たちが戦いに挑む際身にまとった、鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地において、最も濃い色とされる。
 
【勝色】の深く濃い藍は、出すために布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていたと伝えられている。そんな伝統的な色をホームユニホームのベースカラーに採用することで、藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、サムライブルーの勝利を願うカラーとなっている。
 
 前面に施されたデザインは、歴史を紡ぐ糸をイメージした【刺し子柄】。2018年は、ワールドカップ初出場を果たした1998年大会から20年となる節目の年であり、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーター達の想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められた。
 
 また、Vネック部分の【VICTORY RED(ビクトリーレッド)】は、侍の着物の前あわせ部分からインスピレーションを受けた形状に、日本を象徴する日の丸の赤を配色。さらに、首元の内側に搭載されたサインオフロゴには、過去の5大会分のユニホームのアイコニックなデザインが組み合わされており、過去20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、真の勝利をもぎ取りに行くという強い意志を表現している。
 
 発売に関しては、11月6日(月)18:00よりアディダスオンラインショップにて先行発売が開始、一般発売は11月13日(月)0:00より全国のアディダスフットボール取扱店舗にて開始される。
 
 なお、ネック部分とサインオフになでしこの花をモチーフにしたネオンカラー(蛍光ピンク)を採用したなでしこジャパンモデルと、フットサル特有のスピード感、機敏性を表現したエレクトリシティ(蛍光イエロー)を採用したフットサル日本代表モデルも合わせて発表されている(※フットサルモデルの一般販売はなし)。

問い合わせ)
アディダスグループお客様窓口
Tel:0570-033-033 (営業時間:月〜金 9:30〜18:00)

adidas ONLINE SHOP
http://shop.adidas.jp/football/

アディダスフットボールtwitter公式アカウント