【インタビュー3/3】マーク・キング「新しい歴史に、すごいスリルを感じているよ」

写真拡大

スチュワート・コープランド(Dr/ポリス)、エイドリアン・ブリュー(G/キング・クリムゾン、デヴィッド・ボウイ)、マーク・キング(B/レヴェル42)、ヴィットリオ・コスマ(Key/PFM)からなるロック界のスーパーグループ、ギズモドロームへのインタビュー第3回は、マークに話してもらった。

レヴェル42を率いて活動してきたマークは数々のヒット曲を飛ばし、2017年4月には日本公演を行ったばかりだ。現在進行形のアーティストである彼がギズモドロームにおいて占める役割はどのようなものか。

──2017年4月、レヴェル42での日本公演はどのような経験でしたか?

マーク・キング:日本でプレイするのはいつだって最高の気分だよ。日本の文化/食べ物/気候/建築/美術…すべてが素晴らしい。イギリスやヨーロッパとはまったく異なっていて、毎回フレッシュな経験をすることができる。4月のショーでは「Build Myself A Rocket」という新しい曲をプレイしたんだ。2013年に発表した『Sirens』EPに収録した曲だよ。今、続編EPの『Sirens II』を作っているところだ。2018年には発表したいと考えているけど、急にギズモドロームが忙しくなってきてね。プロモーションをしたり、打ち合わせもあったり…それでレヴェル42はひと休みなんだ。でもギズモドロームでのワールド・ツアーが終わったら再開させるつもりだ。

──デビューから何度も来日してきましたが、日本はどのように変わりましたか?

マーク・キング:初めて日本に行ったのは1984年だったかな。カシオペアと一緒にプレイしたのを覚えているよ(Jax Jazzfunk '84)。彼らは素晴らしいテクニックを持ったジャズ/フュージョン・バンドで、当時まだイギリスには日本の音楽の情報があまり入ってこなかったから、こんな凄いバンドがいるのか!と驚いた。彼らとは友達になったよ。それから30年以上が経って、日本の人々は国際的になったと思う。英語を話せる人が増えたし、和服を着ている人は減ったね。西洋化されたと言えるかも知れない。もちろん、それが悪いと言うつもりはないよ。世界全体がそうだからね。日本独自の伝統と西洋文化の影響がクロスオーヴァーしているのが好きなんだ。私が行ったことがあるのは都市部だけだけど、もっと地方にも行ってみたいね。

──4月にレヴェル42として来日した時点で、ギズモドロームのアルバムは完成していたのですか?

マーク・キング:ほぼ完成していたよ。アルバムを作り始めたのは去年(2016年)の7月だった。その直前、スチュワート・コープランドからメッセージがあったんだ。「やあマーク、イタリアで一緒にバンドをやらない?」ってね。もう30年以上スチュワートのドラム・プレイのファンだったから、喜んでイタリアに行くことにした。彼と共演できるというのは、世界中のあらゆるベーシストにとって魅力的なはずだよ。しかもギタリストがエイドリアン・ブリューと言われたら、断ることはもはや不可能だった。ヴィットリオ・コスマとはそれまで会ったことがなかったけど、実際に一緒にやってみたら、彼はすごく頭が良い人で、素晴らしい音楽の才能を持っていて、寛大な人物だということがわかった。私はただベースを感情のおもむくままに弾きまくるだけだから、彼みたいなインテリジェントなミュージシャンは尊敬するよ。スタジオで10日間作業して10曲をレコーディングした。すごく速い作業で、1980年代初めに戻ったようだった。全員が同じスタジオ・ルームにいて、どの曲もせいぜい2〜3テイクしか録らなかったけど、それで十分だったんだ。ギズモドロームみたいな音楽をやっているバンドはどこにもいない。とてもユニークで、そうであることを誇りにしているよ。